躍進も主力を欠くブルズ、エースの奮起で今季初の5連勝なるか【12/9(木)午前9時 ブルズ対キャバリアーズ】

日本時間12月9日(現地8日)、ロケット・モーゲイジ・フィールドハウスでクリーブランド・キャバリアーズ(13勝12敗)とシカゴ・ブルズ(17勝8敗)が対戦する。現在4連勝中でイースタン・カンファレンス2位と好位置につけるブルズに注目だ。 5シーズンぶりのプレイオフを目指すブルズだが、好調の要因にはリーグクラスに食い込むオフェンス力が挙げられる。オフにデマー・デローザン、ロンゾ・ボール、アレックス・カルーソと大型補強を敢行し、今季はオフェンシブ・レーティングがリーグ6位(110.5)と昨季の21位から大きく改善。開幕前はチームケミストリーの構築に時間がかかると不安視する声も聞こえたが、ここまで順調に勝ち星を伸ばしている。 想定以上に早くチームは機能しているのは、ビリー・ドノバンHC(ヘッドコーチ)の存在が大きい。「それぞれの個性や特徴を活かした戦術を展開していきたい。全員が3ポイントシュートを打てる訳ではないから、良いシュートを外さないよう取り組んでいる」と語る指揮官は、選手の良さを引き出すことを念頭にシーズンを送っている。今季の3ポイント試投数はリーグ29位(平均29.6本)だが、成功率はリーグ4位(36.4%)と高確率。3ポイントを必要以上に重視せず、シュートの質にこだわる指揮官が思い描くオフェンスを展開できている。 そんなブルズでも、キャバリアーズ戦は厳しい戦いを強いられそうだ。安全衛生プロトコルにより、チームトップの平均26.4点を記録しているデローザンをはじめ、3選手が欠場予定。さらには体を張った激しいディフェンスでリーグトップの平均2.2スティールを記録するカルーソも、ふくらはぎの怪我で欠場濃厚と主力選手を欠くことになる。そんななか、より一層の期待が懸かるのがエースのザック・ラビーンだ。 「デマーの代わりを見つけることは不可能だ」とキャリア最高クラスの成績を挙げていたデローザンの不在を嘆いたラビーンだが、直近2試合連続で30点超えと調子は上がっている。 ラビーンも開幕直後に左手親指の靭帯を断裂しており、万全な状態ではない。負傷した直後は思い通りのプレイが出来ず、試合中に苛立ちを見せる姿も散見されたが、「言い訳はしない。今シーズンはこの状態で戦い抜く」とエースとしての責任を全うすると明言した。 ここまでラビーンが30点以上を挙げた試合は5勝2敗と勝ち越しているブルズ。エースの奮起で連勝を伸ばすことができるか。

「そういう日だってある」 ポール・ミルサップが自らを責めたジェームズ・ハーデンを擁護する

無期限離脱中のゴラン・ドラギッチ、同郷ルカ・ドンチッチのいるマーベリックス行きを希望か

ブレイザーズがベン・シモンズ獲得に動くか デイミアン・リラードが共闘を望んでいると現地記者がレポート

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ
  • ブルズ

選手

  • Zach LaVine

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 躍進も主力を欠くブルズ、エースの奮起で今季初の5連勝なるか【12/9(木)午前9時 ブルズ対キャバリアーズ】