直近8戦で7敗のキングスがルーク・ウォルトンHCを解雇 アルビン・ジェントリーACが暫定HCに

日本時間11月22日(現地21日)、サクラメント・キングスのモンテ・マクネアGM(ジェネラルマネージャー)は、ルーク・ウォルトンHC(ヘッドコーチ)を解任しアルビン・ジェントリーAC(アシスタントコーチ)を暫定HCに昇格させると発表した。キングスは直近8試合で7敗と負けが込んでおり、6勝11敗でウェストの12位に落ち込んでいた。 マクネアGMは、「ここまでのシーズンの出来を徹底的に検証した結果、ヘッドコーチのポジションに変更を加えることにした。ルークの努力とチームへの貢献に感謝したいと思う」とコメントしている。 2003年から2012年までロサンゼルス・レイカーズとクリーブランド・キャバリアーズでプレイしたウォルトンは、引退前の2011年、ロックアウト期間中にメンフィス大のアシスタントコーチを務めるなど、いち早くコーチとしてのキャリアをスタートさせた。引退後はDリーグ(現Gリーグ)での育成コーチ、ゴールデンステイト・ウォリアーズでのACを経て、2016年に古巣レイカーズでHCに就任。2019年4月からキングスを率いていた。キングスでは68勝93敗(勝率42.2%)という成績を残している。 暫定HCとなったジェントリーは豊富な指導歴があり、1995年にマイアミ・ヒート、1997年から2000年までデトロイト・ピストンズ、2000年から2003年までロサンゼルス・クリッパーズ、2008年から2013年までフェニックス・サンズ、2015年から2020年までニューオーリンズ・ペリカンズを指揮してきた。通算では510勝595敗(勝率46.2%)という戦績を記録している。

“ペイント内得点王”のジャ・モラントが世間にチクリ「僕が小さすぎてビッグマン相手にフィニッシュできないと言っていた」

ニコラ・ヨキッチが右手首捻挫で欠場 マローンHCは復帰時期を明言せず「現時点でタイムラインはない」

9戦ぶり復帰のレブロン・ジェームズが現状の課題を指摘「パニックになるレベルではないが…」

「観る理由がある」NBAの2021-22シーズンを「NBA Rakuten」で!

関連タグ

チーム

  • キングス

キーワード

  • ニュース全般
  • ルーク・ウォルトンHC
  • アルビン・ジェントリーHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 直近8戦で7敗のキングスがルーク・ウォルトンHCを解雇 アルビン・ジェントリーACが暫定HCに