「キングスには才能ある若手がたくさんいる」 トリスタン・トンプソンが新天地で担う役割とは

今年8月にトレードでボストン・セルティックスからサクラメント・キングスに移籍したトリスタン・トンプソンが、新天地での意気込みを語った。『NBC Sports』のアレックス・ディディオン記者がレポートしている。 キャリア10年目を迎えるトンプソンは、先日のメディアデーで「ここに来られてワクワクしている」と明かした。その理由はチームに若手が多いことにある。自身が若手だったクリーブランド・キャバリアーズ時代を思い出し、今のキングスと重ね合わせているのだ。 「キングスには非常に才能のある若い選手がたくさんいる。自分がクリーブランドにいた頃はカイリー(アービング/現ネッツ)やディオン(ウェイターズ/元キャバリアーズ)らと若手の立場にいて、そんな折にレブロン(ジェームズ/レイカーズ)が戻ってきた。レブロンは日々、エネルギーとハードワークの精神をチームに持ち込んだんだ。彼から学んだことを、このリーグで活躍する若い世代やスター選手たちに伝えていくのが正しいことだと思うんだ」 ジェームズのリーダーシップもあり、若手とベテランがうまく融合したキャバリアーズは2016年に優勝を飾っている。そうした経験があるからこそ、トンプソンはベテランとして若手をリードすることが、チームの成長、さらにはリーグの発展につながると考えているようだ。 「それがこのリーグを成長させ続ける方法であり、才能を高いレベルに保つ方法だ。他者から素晴らしいことを学んで、それを伝えたくないベテランはリーグに害を及ぼしている。それらを継承していくのが自分の仕事だし、ディアロン・フォックスやタイリース(ハリバートン)とデイビオン(ミッチェル)が自分と同じ年になる頃には、彼らは次の世代へそれをつないでいく。これこそがリーグを高いレベルで維持する方法さ」 今シーズン、センターはリショーン・ホームズが先発すると見られているが、リバウンド力に加えてリーダーシップも備えるトンプソンの存在は、キングスにとって不可欠なものとなるだろう。

ファンの熱い思いが新聞広告に! 「あなたがNBAを観る理由」を大募集【10月5日(火)23時59分まで】

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:ロサンゼルス・レイカーズ

デビットカードで「NBA Rakuten」のお支払いが可能!

関連タグ

チーム

  • キングス

選手

  • Tristan Thompson

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「キングスには才能ある若手がたくさんいる」 トリスタン・トンプソンが新天地で担う役割とは