カイル・ラウリーが証言 元同僚カワイ・レナード&デマー・デローザンは「不気味なほど似ている」

トロント・ラプターズから無制限FA(フリーエージェント)となった今夏、サイン&トレードでマイアミ・ヒートに移籍したカイル・ラウリーは、カワイ・レナード(ロサンゼルス・クリッパーズ)とデマー・デローザン(シカゴ・ブルズ)と一緒にプレイした経験を持つ。両者は2018-19シーズンにトロント・ラプターズで入れ違いの形となったが、ラウリーによれば、「不気味なほど似ている」という。 2006-07シーズンにメンフィス・グリズリーズでNBAキャリアをスタートさせたラウリーは、ヒューストン・ロケッツで4年間プレイしたのち、12-13シーズンにトレードでラプターズへ。昨季まで計9年間所属し、レギュラーシーズン601試合で平均17.5得点、7.1アシスト、オールスター出場6回、2019年にはフランチャイズ初のリーグ優勝も果たした。 デローザンとは彼がサンアントニオ・スパーズに移籍するまでの6年間、バックコートのコンビを組んで攻撃を牽引。デローザンと入れ違いで2018-19シーズンにラプターズに加入したレナードとはチャンピオンシップ獲得の喜びを分かち合った。 ラウリーはCJ・マッカラムのポッドキャスト『Pull Up with CJ McCollum』で、「カワイは個性に特徴があった。デマーとは意気投合して、すぐに兄弟のような関係になった。そして、お互いに補完し合った」と2人との間柄について言及。とりわけレナードは寡黙で、インターネット全盛時代にSNSも使用していないNBA随一のミステリアスな存在だが、デローザンとの共通点を感じたという。 「2人のダイナミクス(レナードとデローザン)は、不気味なほど似ているんだ。カワイがコート内外で違いがあるとは思わない。だから、似ているんだ。才能ある2人とプレイするのは素晴らしい経験だったし、嬉しかった」 ラウリーにとって、これまで自身が最も輝いた時代であるラプターズでの時をともに過ごしたレナードとデローザンは、別々のチームでプレイする今も特別な存在のようだ。

ネッツがディアンドレ・ジョーダン放出で計4700万ドルを節約 ラマーカス・オルドリッジは1年契約で現役復帰へ

「パープル&ゴールドは特別」カーメロ・アンソニーがレイカーズでの初練習を振り返る

【今週のクラシックゲーム】Vol.5 ケビン・ガーネット(元ミネソタ・ティンバーウルブズほか)

関連タグ

チーム

  • ブルズ
  • クリッパーズ
  • ヒート

選手

  • DeMar DeRozan
  • Kawhi Leonard
  • Kyle Lowry

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カイル・ラウリーが証言 元同僚カワイ・レナード&デマー・デローザンは「不気味なほど似ている」