マブズコーチ就任のジャレッド・ダドリー、レブロン&デイビスからの“引き留め”を告白「僕は戻りたかった」

2020-21シーズンにロサンゼルス・レイカーズでプレイしたジャレッド・ダドリーは、現役を引退してダラス・マーベリックスでコーチングスタッフとしてセカンドキャリアを歩むことが決まった。しかし、レブロン・ジェームズやアンソニー・デイビスからは、選手としてチームに戻ってきてほしいとラブコールを受けていたという。 ダドリーは2007年のNBAドラフトで1巡目全体22位指名を受けてシャーロット・ボブキャッツ(現シャーロット・ホーネッツ)に入団。以降、フェニックス・サンズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ミルウォーキー・バックス、ワシントン・ウィザーズ、ブルックリン・ネッツ、レイカーズを渡り歩いた。昨季までの14シーズンで通算904試合に出場し、平均7.3点、3.2リバウンド、1.5アシストを記録した。 昨季までレイカーズのアシスタントコーチを務めていたジェイソン・キッドが新ヘッドコーチに就任したマブズに、コーチングスタッフとして入閣することになったが、『ロサンゼルス・タイムズ』のコラムニストであるビル・プラシュケ氏によれば、ダドリー自身、「レイカーズに戻ると思っていた」という。 「レブロンとAD(デイビス)は僕を連れ戻したいと思っていた。僕たちは彼ら(レイカーズのフロント陣)を納得させることができなかった。ロブ(ペリンカGM)とカート(ランビス・シニアアドバイザー)には感謝している。でも、僕はチームに戻りたかった。特に、多くの新しい選手がいるから、助けられると思ったけど、チームとしては若返りを図りたいと考えていたと思う」 レイカーズとは別の道を歩むことになったダドリー。新シーズンでの直接対決では、また特別な気持ちがわくことになるのかもしれない。

パスカル・シアカムの代理人がトレードの噂を一蹴「それは今、彼が一番考えていないこと」

ラジョン・ロンド、グリズリーズとのバイアウト成立時はレイカーズ復帰が濃厚に

キャブズが制限付きFAのラウリ・マルカネンを4年総額6700万ドルのサイン&トレードで獲得合意

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Anthony Davis
  • LeBron James
  • Jared Dudley

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マブズコーチ就任のジャレッド・ダドリー、レブロン&デイビスからの“引き留め”を告白「僕は戻りたかった」