マブズ、若きエースのルカ・ドンチッチに今週中にも5年総額2億700万ドルの契約延長オファー提示へ

ダラス・マーベリックスは今週中にも若きエースのルカ・ドンチッチに対して、5年総額2億700万ドル(約228億円)の契約延長オファーを提示するという。『ダラス・モーニングニュース』のカリー・カプラン記者が伝えた。 2018年ドラフト全体3位指名でNBA入りしたドンチッチは、ルーキーイヤーに平均21.2得点、7.8リバウンド、6.0アシストを記録して新人王を獲得。翌19-20シーズンには平均28.8得点、9.4リバウンド、8.8アシストとトリプルダブル級の成績でオールスターに初出場すると、20-21シーズンも主力として2年連続のプレイオフ進出に貢献した。 今夏はスロベニア代表の一員として東京五輪に出場。デビュー戦でいきなり48得点を叩き出し、準決勝では16得点、10リバウンド、18アシストで五輪史上3度目となるトリプルダブルを達成した。3位決定戦でオーストラリアに敗れ、銅メダル獲得はならなかったが、平均23.8得点、9.7リバウンド、9.5アシストの成績を残して大会ベスト5に選出された。 左手首の負傷を押してプレイを続けたドンチッチは、「しばらく休む必要があるが、良くなるだろう」とコメント。新シーズンには影響がないと目されるなかで、所属するマブズが若きエースに対して最大限の誠意を見せる構えのようだ。 カプラン記者によると、マーク・キューバン・オーナー、ジェイソン・キッド新HC(ヘッドコーチ)、ニコ・ハリソンGM(ゼネラルマネージャー)、フロントオフィスアドバイザーのダーク・ノビツキーがスロベニアに飛び、ドンチッチに5年総額2億700万ドルというマックス額での契約延長オファーを提示するという。 同じ2018年ドラフト組であるトレイ・ヤングは、日本時間8月7日(現地6日)に一足先にアトランタ・ホークスと同じマックス額での契約延長に正式サインしており、ドンチッチの決断に注目が集まる。

ケビン・デュラントが東京五輪のMVP&ベスト5をダブル受賞 「特別なことの一部になれたのは信じられない」

ブレイザーズのCJ・マッカラムが15代目の選手会会長に就任「将来の選手たちが利益を得られるようにしたい」

クレイ・トンプソン、人生のアドバイスを求むファンに忍耐強さを強調「短距離ではなく、マラソンだ」

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Luka Doncic

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マブズ、若きエースのルカ・ドンチッチに今週中にも5年総額2億700万ドルの契約延長オファー提示へ