NBAがロンゾ・ボールのブルズ行き、カイル・ラウリーのヒート行きでタンパリングの可能性を調査へ

NBAはシカゴ・ブルズ行きが内定しているロンゾ・ボール(ニューオーリンズ・ペリカンズ)、マイアミ・ヒート行きが内定しているカイル・ラウリーのサイン&トレードに関して、タンパリング(不正交渉)の可能性を調査し始めたという。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が伝えた。 NBAは2019年からタンパリング違反を犯した場合、チームに罰金最大1000万ドル(約11億円)、幹部処分、ドラフト指名権没収、契約の無効化など、罰則の厳格化を行った。 NBAチームのFA交渉解禁は、日本時間8月3日(現地2日午後6時/アメリカ東部標準時間)。サイン&トレードは通常のFA(フリーエージェント)交渉よりサインが複雑で時間がかかるとされる。そのなかで、解禁直後にボールがブルズと4年総額8500万ドル(約93億7000万円)のサイン&トレードで合意したとの一報が流れた。 ペリカンズはボールをサイン&トレードで放出し、ギャレット・テンプルとトマシュ・サトランスキー、ドラフト2巡目指名権を見返りで手にするとされているが、まだリーグの承認が下りておらず、最終的に内容が変わる可能性があるという。 また、ヒートは3年総額8500万ドルのサイン&トレードでラウリーを獲得し、ゴラン・ドラギッチとプレシャス・アチウワをラプターズへ放出することで合意に至っているが、こちらもNBAが調査に乗り出しているという。 近年ではミルウォーキー・バックスが2021年、サクラメント・キングスから制限付きFAとなったボグダン・ボグダノビッチ(現アトランタ・ホークス)との交渉でタンパリング違反とみなされ、22年のドラフト2巡目指名権を剥奪された。

アンドレ・イグダーラが3年ぶりウォリアーズ復帰合意でカリーも歓迎「お帰りなさい」

アメリカがフランスを破りオリンピック4連覇 ケビン・デュラントが試合最多の29点をマーク

アーロン・ベインズ、深刻な首の神経損傷で2021-22シーズン全休の可能性が浮上

関連タグ

チーム

  • ブルズ
  • ヒート

選手

  • Lonzo Ball
  • Kyle Lowry

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAがロンゾ・ボールのブルズ行き、カイル・ラウリーのヒート行きでタンパリングの可能性を調査へ