マブズのマーク・キューバン・オーナーが“NBA版ワールドカップ”の実施を提唱「20年間議論してきた」

東京五輪に出場しているアメリカ男子バスケットボール代表は、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)やデイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)といったスターが名を連ねている一方、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)やステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)らビッグネームが参加を辞退している。オフの期間を費やすことに難色を示す選手やチームもあるなかで、ダラス・マーベリックスのマーク・キューバン・オーナーは“NBA版ワールドカップ”の構想を明らかにしている。 NBAは新型コロナウイルスの感染拡大により、2020-21シーズンが12月開幕、72試合の短縮という形がとられた。7月までNBAファイナルが行われ、新シーズンは日本時間10月20日(現地19日)の開幕、ポストシーズンは最長で来年6月20日(同19日)終了と発表されている。 今回、五輪に出場している選手たちは大会後、約1カ月程度のオフしかないことになり、調整も難しくなる。そのなかで、キューバン・オーナーはカーメロ・アンソニー(ポートランド・トレイルブレイザーズ)のポッドキャスト『What's in Your Glass?』に出演した際、これまでデビッド・スターン元NBAコミッショナーやアダム・シルバー現コミッショナーにアイデアを伝えてきたという、“NBA版ワールドカップ”の開始を提唱した。 「私はこの案について、20年間議論してきた。我々はベストのスターをオリンピックに送る。選手たちはそこまで怪我をすることはないが、特に今年以降は注意を払わないといけない。国際オリンピック委員会が稼ぐ数十億ドル(約数千億円)は我々にも還元されるべきだ。文字通り、我々が自分たち独自のワールドカップをやったら数十億ドルも稼ぐことができるだろうか。2~3年後には可能だ」 NBAは世界各国から実力者が集結しているため、各国協会やFIBA(国際バスケットボール連盟)との協議が必要かもしれないが、仮に実現するとなれば五輪やワールドカップに引けを取らない大会になりそうだ。

【NBAドラフト2021】指名結果一覧

ケビン・デュラントがアメリカ代表の五輪通算得点で歴代トップに浮上「かなり特別なこと」

ウォリアーズのレイコブ・オーナー、カリーらビッグ3での優勝に自信「トンプソンが戻ってくるし、それが鍵」

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マブズのマーク・キューバン・オーナーが“NBA版ワールドカップ”の実施を提唱「20年間議論してきた」