サンズのデビン・ブッカー、“レジェンド級”の活躍に司令塔ポールも絶対の信頼「撃てば入ることを期待する」

フェニックス・サンズは日本時間6月9日(現地8日)、ミルウォーキー・バックスとのNBAファイナル第2戦を118-108で制し、シリーズ2連勝を飾った。チーム最多の31得点を叩き出したエースのデビン・ブッカーに対し、HC(ヘッドコーチ)や同僚も称賛の言葉を送っている。 ブッカーは試合序盤、シュート10本中8本失敗したが、その後15本中10本を成功させ、ファイナルで史上6人目となる30得点、5リバウンド、5アシスト、3ポイント5本以上をマークした。『ESPN』のデイブ・マクメナミン記者によれば、ブッカーは今プレイオフ18試合のうち、30得点以上は8回目。今プレイオフ通算490得点は、ポストシーズン初出場の選手としてはリック・バリー(521点)、ジュリアス・アービング(518点)に次いで歴代3位の記録だという。 勝負所の第4クォーターに3ポイントを3本沈めたブッカーについて、モンティ・ウィリアムズHC(ヘッドコーチ)は「デビンは第1クォーターでも、第4クォーターでも同じようにシュートを撃っている。常に同じで、冷静なんだ。その貢献度には感謝しかない」と賛辞の言葉を送った。 また、同じくチームの大黒柱であるクリス・ポールも「もしブック(ブッカー)がシュートを撃てば、入ることを期待する。彼が撃たなければ、僕は怒るよ」と絶対の信頼を寄せている。 サンズはNBAファイナル進出3回目だが、これまで優勝の経験はない。ブッカーがポールとのコンビで歴史を作るのか、大いに注目が集まる。

プレイオフ2021 大予想大会【サンズ対バックス、優勝するのはどっち?】

アメリカ代表のケビン・デュラント、東京五輪の無観客開催決定に落胆「がっかりしたのは間違いない」

ブラッドリー・ビール、幼馴染ジェイソン・テイタムとの“五輪共闘”に感慨「同じ高校出身の選手が同じチームにいる」

■サンズとバックス、頂点に立つのはどっちだ?「NBA Rakuten」でNBAファイナルを観よう!

関連タグ

チーム

  • サンズ

選手

  • Devin Booker

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. サンズのデビン・ブッカー、“レジェンド級”の活躍に司令塔ポールも絶対の信頼「撃てば入ることを期待する」