右ハムストリング負傷中のジェームズ・ハーデン、バックスとのシリーズ第4戦も欠場へ

ブルックリン・ネッツのジェームズ・ハーデンは、右ハムストリングの張りで日本時間6月14日(現地13日)に行われるミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝第4戦も欠場するという。『ESPN』のマリカ・アンドリューズ記者が伝えた。 今年1月にヒューストン・ロケッツへ移籍したハーデンは、右ハムストリングの負傷で約1カ月の負傷はあったが、新天地では36試合に出場して平均24.6得点、8.5リバウンド、10.9アシストを記録した。 ボストン・セルティックスとのプレイオフ1回戦でも平均27.8得点、7.2リバウンド、10.6アシストのハイアベレージを残したなかで、バックスとのカンファレンス準決勝第1戦で開始直後にペイントエリアへアタックした後の着地で右ハムストリングを痛め、ロッカールームへと引き上げていた。 ハーデン不在のネッツは、シリーズ2勝1敗とリードした状態で6月14日に敵地で第4戦を戦うがスティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)は、ハーデンは引き続き欠場すると明言したという。ただし、状態は「経過は良い」とコメントしている。 一方、ナッシュによれば、左足底腱膜炎で欠場しているジェフ・グリーンは、出場率50%程度とされる「Questionable(不確か)」までステータスが上がったという。

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 右ハムストリング負傷中のジェームズ・ハーデン、バックスとのシリーズ第4戦も欠場へ