ラプターズの渡邊雄太がニックス戦に途中出場 第3クォーター途中で雨漏りのため約10分中断という珍事も

日本時間4月12日(現地11日)、トロント・ラプターズの渡邊雄太が敵地マディソン・スクエア・ガーデンで行なわれたニューヨーク・ニックス戦に途中出場した。渡邊は15分出場し、8点、3リバウンド、1アシスト、3スティールを記録。試合は96-102でラプターズが敗れている。 渡邊は第2クォーター残り9分6秒、ロドニー・フッドとの交代でコートイン。すると残り7分30秒と残り4分54秒に、いずれもカイル・ラウリーのアシストから3ポイントを沈める。次に出番が回ってきたのは第4クォーター冒頭で、残り10分には逆転となるドライビングレイアップを沈めると、直後にはデリック・ローズのパスをスティール。さらには相手のミスを誘発するタフなディフェンスを見せつけるなど、攻守でチームに貢献した。2点リードを奪っていた残り5分36秒で、パスカル・シアカムと交代しベンチに下がっている。 なお、試合は第1クォーターでニックスが27-16と幸先のいいスタートを切るも、途中雨漏りでおよそ10分中断した第3クォーターにラプターズが34-22の猛攻。76-78と2点ビハインドまで追い上げる。最終クォーターは僅差の接戦となるなか、98-96とニックス2点リードの残り9.9秒から残り5.2秒にかけて、ジュリアス・ランドルが4本連続でフリースローを成功。残り5.2秒で再び渡邊が出場するもラプターズは逆転できず、ニックスが白星を手にした。 ラプターズは渡邊以外に、7試合ぶりに復帰したカイル・ラウリーが19点、7リバウンド、6アシスト、3スティール、前日の試合を欠場していたパスカル・シアカムが16点、7アシスト、ギャリー・トレントJr.が23点、クリス・ブーシェイが17点、14リバウンドをマーク。OG・アヌノビーは休養のため欠場した。 ニックスはジュリアス・ランドルが26点、8リバウンド、5アシスト、RJ・バレットが19点、ナーレンズ・ノエルが9点、13リバウンド、4ブロック、レジー・ブロックが10点、ローズが11点を記録。チーム全体でFG成功率39.8%(35/88)、3ポイント成功率25.7%(9/35)と低迷したが、試合終盤で底力を見せつけた。 21勝33敗となったラプターズは、14日(同13日)にホームのアマリー・アリーナでアトランタ・ホークスと、2連勝で27勝27敗となったニックスは、13日(同12日)にホームでロサンゼルス・レイカーズと対戦する。

ウォリアーズの新人ジェームズ・ワイズマンが右膝半月板を負傷 今季絶望との報告も

レイカーズのアンソニー・デイビスは4月末に復帰か レブロン・ジェームズもプレイオフに間に合う見込みと報道

ブルズ黄金期のレジェンド、スコッティ・ピッペンの息子がドラフトへのエントリーを表明

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ニックス
  • ラプターズ

選手

  • Yuta Watanabe

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラプターズの渡邊雄太がニックス戦に途中出場 第3クォーター途中で雨漏りのため約10分中断という珍事も