「どんなことになろうと準備はできている」レイカーズのマルク・ガソル、先発降格予定もチームへの忠誠を誓う

日本時間4月7日(現地6日)、ロサンゼルス・レイカーズのマルク・ガソルは、トロント・ラプターズ戦で今季自己最多となる13得点、9リバウンド、5アシスト、4ブロックと活躍し、110-101の勝利に貢献した。昨季まで所属した古巣との一戦でシーズンベストのパフォーマンスを披露したビッグマンだったが、アンドレ・ドラモンド復帰後は先発の座から外れるようだ。 レイカーズを率いるフランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)は、ガソルの存在も欠かせないと語った上で、シーズン途中に加入したドラモンドをスターターとして起用すると改めて試合後に言及。『ESPN』のデイブ・マクメナミン記者が報じている。 「アンドレを先発にする予定だ。そうするために彼と契約した。プレイオフに入る前に我々のシステムに慣れてもらうためにも、彼には多くの出場時間を与えるつもり。そして彼はスターターとなる。(ガソルのパフォーマンスは)それに影響しないよ」 今季出場した42試合中41試合で先発を務めたガソル。クリーブランド・キャバリアーズからバイアウトされた後、3月29日(同28日)にチームと契約したドラモンドにその座を奪われることになる。先週には「つらい事実」と心境を明かしたガソルだったが、チームのために控えに回ることを受け入れるとした。 「一つ伝えておきたいのは、僕がチームにコミットしているということ。自分の番号が呼ばれた時のために準備をしておくよ。アンドレを僕らがやりたいことに慣れさせる必要があるのは理解している。どんなことになろうと準備はできている。5分でも、10分でも、どんなポジションでもね。時にはプレイしないこともあるかもしれない。どんなことでも対応するよ」 36歳のガソルは今季平均19.8分の出場で、5.1得点、4.1リバウンド、2.1アシスト、1.3ブロック、3ポイント成功率36.5%を記録。キャリア通算では881試合中865試合で先発を務めてきたが、今後はベンチから持ち前のスキルと経験を武器にチームを助けることが期待される。 先発起用が確約されたドラモンドは、4月1日(同3月31日)のミルウォーキー・バックス戦でレイカーズデビューを果たすも、その後は右足指の怪我で欠場中。しかし、ボーゲルHCによれば、9日(同8日)のマイアミ・ヒート戦で復帰する可能性があるという。

デマーカス・カズンズがクリッパーズデビュー「キャリア最高のコンディション」

ウィザーズの八村塁が3試合ぶりに出場 マジック戦で自己最多タイの3スティールを記録

ネッツのカイリー・アービングがチーム成功の理由に柔軟性を挙げる

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Marc Gasol
  • Andre Drummond

キーワード

  • ニュース全般
  • フランク・ボーゲル
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「どんなことになろうと準備はできている」レイカーズのマルク・ガソル、先発降格予定もチームへの忠誠を誓う