スパーズからバイアウトされたラマーカス・オルドリッジがネッツと契約か

日本時間3月26日(現地25日)にサンアントニオ・スパーズからバイアウトされたラマーカス・オルドリッジが、ブルックリン・ネッツと契約すると『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者がレポートしている。 契約期間は今季残りシーズン。バイアウト直後には、ネッツ、マイアミ・ヒート、ロサンゼルス・レイカーズ、ロサンゼルス・クリッパーズと面談することが報じられていた。なお、ネッツは9日(現地8日)にブレイク・グリフィンを加えている。 35歳のオルドリッジは15年目の今季21試合に出場し、平均13.7得点、4.5リバウンド、0.9ブロック、フィールドゴール成功率46.4%、3ポイント成功率36.0%を記録している。

2020-21シーズン NBAトレードデッドラインまとめ

ブレイク・グリフィン、古巣ピストンズ戦で移籍後最多の17得点 ハーデンも期待「彼が攻撃的になるほど強くなる」

【2021春の最新作】「NBA Style」からマストハブの最新コレクションがドロップ

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • LaMarcus Aldridge

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. スパーズからバイアウトされたラマーカス・オルドリッジがネッツと契約か