バイアウトが濃厚なスパーズのラマーカス・オルドリッジ 移籍先はヒートが最有力か

昨シーズンのファイナリスト、マイアミ・ヒートが戦力補強を狙い、積極的に動いているようだ。『ニューヨーク・タイムズ』のマーク・スタイン記者によれば、サンアントニオ・スパーズを離れることでチームと合意しているラマーカス・オルドリッジの移籍先としてヒートが最有力になっているという。日本時間3月23日(現地22日)、同記者はツイッターで以下のように伝えている。 「マイアミ・ヒートにとって重要な1週間になる。カイル・ラウリー(トロント・ラプターズ)を狙っているとされるヒートは、スパーズがラマーカス・オルドリッジのトレードを成立できず、バイアウトした場合の最有力の移籍先としてリーグ関係者から見られている」 35歳のオルドリッジは15年目の今季21試合に出場し、平均13.7得点、4.5リバウンド、0.9ブロック、フィールドゴール成功率46.4%、3ポイント成功率36.0%を記録している。3連敗中のヒートだが、それ以前の11戦では10勝1敗と調子を上げ、シーズン22勝21勝で現在イースト5位に位置している。 ヒートでは昨季オールスターのバム・アデバヨ以外に、ケリー・オリニクと新人のプレシャス・アチウワといったビッグマンが揃うが、プレイオフを戦い抜く上では物足りなさが否めないのも事実。ベテランのオルドリッジを獲得することができれば、2年連続でのファイナル進出に向けた大きな補強となるだろう。 オルドリッジの移籍先としては、ヒート以外に古巣のポートランド・トレイルブレイザーズ、ビッグマンの強化を狙っているとされるボストン・セルティックスなどの名前が挙がっている。

2021/3/22 八村塁ハイライト(vs ネッツ)

ラプターズがノーマン・パウエルを放出する可能性が浮上? 米記者は「コンテンダーにとってのサプライズ補強になるかも」と主張

サンズのクリス・ポールが通算1万アシストを達成 史上6人目の快挙

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ヒート
  • スパーズ

選手

  • LaMarcus Aldridge

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バイアウトが濃厚なスパーズのラマーカス・オルドリッジ 移籍先はヒートが最有力か