【3/17(水)午前11時 ペリカンズ対ブレイザーズ】ザイオン vs リラード、激しいスコアリングバトルに期待

日本時間3月17日(現地16日)午前11時、オレゴン州ポートランドにあるモダ・センターでポートランド・トレイルブレイザーズ(22勝16敗)とニューオーリンズ・ペリカンズ(17勝22敗)が対戦する。126-124でブレイザーズが勝利した前回対戦同様、激しい点の取り合いが期待される。 注目はシーズン後半戦に入って以降、絶好調のザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)だ。自身初のオールスターゲームを経験した20歳の怪物は、14日(同13日)のロサンゼルス・クリッパーズ戦で16本中13本のシュートを決めて27得点と、堅守で知られる相手を粉砕し、ペリカンズを135-115の大勝に導いた。オールスター後の3試合では、68.9%という驚異のフィールドゴール(FG)成功率を残しており、現在17戦連続で20得点超えと安定感も抜群。その豪快かつパワフルなアタックを止めるのは至難の技だ。ブレイザーズ戦は昨季も含め3試合で平均30.3得点、前回対戦ではキャリアハイの36得点を叩き出しているだけに、今回も爆発することが期待される。 アンストッパブルな存在になりつつあるウィリアムソンだが、ブレイザーズのデイミアン・リラードも負けていない。ハーフコート付近からも放つことができる圧倒的なシュートレンジを誇るだけでなく、ドライブ、プルアップ、ステップバックなど、その豊富な得点パターンを駆使して現在得点ランクで2位(平均29.9得点)につけている。前回対戦でも試合残り16.5秒にバスケットカウントで決めた決勝シュートを含む43得点、16アシストと試合を支配し、勝利をもたらした。今季は36得点以上挙げた試合で8勝1敗と勝ち越しているだけに、オールスター以降の3試合で1勝2敗と停滞するチームに喝を入れるべく、積極的に得点を狙いにくる可能性も十分に考えられる。 この一戦では両エースの相棒たちの活躍も鍵になるだろう。今季平均23.7得点を記録するペリカンズのブランドン・イングラムは、直近2試合で平均25.5得点、FG成功率69.2%と、ウィリアムソン同様に好調だ。14得点と前回対戦時は不発だっただけに、今の勢いを継続できればチームの勝利は近づくはずだ。また、ブレイザーズは前回不在だった、CJ・マッカラムが復帰する予定。リーグ屈指のスコアリングデュオが2か月ぶりの再結成となるが、久々の実戦でマッカラムがどのようなプレイを見せてくれるのかも気になるところだ。

ブレイザーズ対ペリカンズ戦のハイライトを観る

ウィザーズの八村塁が22点をマーク マッチアップしたヤニス・アデトクンボは3戦連続のトリプルダブルを達成

ブレイザーズのCJ・マッカラムが日本時間3月17日のペリカンズ戦で復帰か

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ
  • ペリカンズ

選手

  • Damian Lillard
  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【3/17(水)午前11時 ペリカンズ対ブレイザーズ】ザイオン vs リラード、激しいスコアリングバトルに期待