【NBAオールスター2021】ステフィン・カリーが3ポイントコンテストで優勝 2015年以来2度目

日本時間3月8日(現地7日)、ステイトファーム・アリーナで開催された「NBAオールスター2021」のイベント「MTN DEW 3ポイントコンテスト」で、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが優勝した。カリーの優勝は2015年以来2度目となる。 決勝にはカリー、マイク・コンリー(ユタ・ジャズ)、ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)の3名が進出。2番手のコンリーが27ポイントをマークしたあとに挑んだカリーは尻上がりに調子を上げ、最後のマネーボールでついに逆転。劇的な勝利を飾った。 最後のシュートを打った時の心境を「無心だった」と振り返ったカリーは、「会場内の熱が上がっていたのを感じたから、決めなきゃと思ったよ。楽しいバトルだったね。マイクも調子が良かったし、ドノバン、ジェイソン、ジェイレン、ザックもいて素晴らしい戦いだったから勝てて嬉しい」と喜んだ。 また、3ポイントラインのやや後方に設けられた「MTN DEWゾーン」については、4本中3本決めていたこともあってか、「決めることができればいい結果につながると思っていた。結果的に勝つためには必要だったし、この新要素は好きだよ」と語っている。 ■1回戦 ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ):31ポイント マイク・コンリー(ユタ・ジャズ)*:28ポイント  *デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)の代理出場 ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス):25ポイント ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ):22ポイント ザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ):22ポイント ジェイレン・ブラウン(ボストン・セルティックス):17ポイント ■決勝 ステフィン・カリー(ウォリアーズ):28ポイント マイク・コンリー(ジャズ):27ポイント ジェイソン・テイタム(セルティックス):17ポイント

【特集】NBAオールスター2021まとめ

【NBAオールスター2021】2年連続決勝進出のドマンタス・サボニスがスキルズチャレンジを初制覇

「ブロックに行かないという選択肢は絶対にない」ラプターズの渡邊雄太がウルブズ戦でのダンクを振り返る

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

選手

  • Stephen Curry
  • Mike Conley

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAオールスター
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【NBAオールスター2021】ステフィン・カリーが3ポイントコンテストで優勝 2015年以来2度目