ドラフト1位ルーキーのアンソニー・エドワーズが家族を失った少年にアドバイス「諦めてはいけない」

日本時間1月28日(現地27日)、ジョージア州のアテネで暮らしていたある家族に悲劇が起きた。家で火事が発生し、3人が逃げ遅れて死亡。1人火事から逃れた12歳のテイデン・ジョンソンくんは、母親、妹、祖母を同時に失うことになった。 自身の故郷であるジョージア州で起きた悲劇を知り合いから聞かされたミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・エドワーズは、最愛の家族を失ったテイデンくんを励ますべく直接連絡し、テイデンくんと同じように若くして母と祖母を亡くした自身の経験をもとにアドバイスを送ったようだ。『Athens Banner-Herald』のマーク・バイザー記者が、エドワーズが少年に伝えたそのメッセージを紹介している。 「テイデン、僕も若い時に母親とおばあちゃんを亡くしたけど、ここまでくることができた。諦めてはいけないよ。自分が成し遂げたいことに、常に110%の力を注ぐんだ。君を止めるものはいない。夢を追いかけよう」 エドワーズは中学2年の時に母親と祖母を癌で亡くしている。昨年のドラフトでウルブズに1巡目全体1位で指名された際、2人の肖像画を持って涙を流したのは記憶に新しい。 家族を亡くすその痛みを知るエドワーズは、自分と同じような境遇にあるテイデンくんを放っておけなかったようだ。バイザー記者によれば、エドワーズはテイデンくんに自身の電話番号を教え、「必要な時はいつでも連絡して」と伝えたという。なお、テイデンくんは現在、父親、父方の祖母と一緒に暮らしている。 今季は日本時間2月3日(現地2日)の時点で20試合に出場し、平均13.6得点、3.0リバウンド、1.9アシストと活躍を披露しているエドワーズ。NBA1年目から、1人の少年の大きな希望となっている。

ウィザーズの八村塁がヒート戦に先発出場 チーム2番目の35分間プレイ

驚異の破壊力を誇るネッツ ビッグ3の一角カイリー・アービング「グループとして互いを補いたい」

54得点と爆発したラプターズのフレッド・バンブリート 個人の成功よりチームの団結力を強調「絆をより強固にする」

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ティンバーウルブズ

選手

  • Anthony Edwards

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドラフト1位ルーキーのアンソニー・エドワーズが家族を失った少年にアドバイス「諦めてはいけない」