54得点と爆発したラプターズのフレッド・バンブリート 個人の成功よりチームの団結力を強調「絆をより強固にする」

日本時間2月3日(現地2日)、トロント・ラプターズは敵地アムウェイ・センターでオーランド・マジックと対戦し、123-108で勝利して2連勝を飾った。 勝利の殊勲者は、フレッド・バンブリートで間違いないだろう。11本もの3ポイントを含む54得点と大爆発し、フランチャイズ最多得点記録、またドラフト外選手の歴代最多得点記録を更新する圧巻のパフォーマンスを披露したのだ。 放った23本のフィールドゴール中17本を沈めたバンブリートは、試合後に「リングがどんどん大きくなっていった」と自身の好調ぶりを振り返り、何よりもチームの喜ぶ姿が見れて嬉しいと語った。ラプターズ公式サイトのクリス・オレアリー記者が、その内容を紹介している。 「コロナのプロトコルにより、あまり一緒の時間を過ごせずチームが団結するのが難しいなか、今日のような試合は僕らの絆をより強固にする。僕も彼らが喜んでくれて嬉しい。ピュアな気持ちを持ってプレイしていれば良いことが起きるし、兄弟であるチームメイトも自分の成功を喜んでくれる。そして喜んでもらうためには、まず自分自身が他の人のことでハッピーになれるようにならないといけないんだ」 これまでのフランチャイズ記録は、デマー・デローザン(サンアントニオ・スパーズ)の52得点。それ以前はテレンス・ロス(オーランド・マジック)と昨年現役を退いたビンス・カーター(元ニュージャージー・ネッツほか)の51得点だった。 デローザンとロスの50得点試合も間近で見ていたチームリーダーのカイル・ラウリーは、ドラフト外ながら快挙を達成したバンブリートを以下のように称えている。 「このイリノイ州ロックフォード出身の努力家は、ドラフト外だった。彼は自分にとって弟。誇りに思うよ。ドラフト外だったが、NBA選手になり、そして先発になった彼がやったんだ。今年はもしかしたらオールスター、オールディフェンシブチームにも選ばれるかもしれない。それを思うと、本当に特別なことだ」 ドラフト外から這い上がり、成功の道を突き進むバンブリート。イースト9位につけるラプターズ が今後上位に浮上するには、叩き上げのスターガードの活躍が今後も鍵となる。

ウィザーズの八村塁がブレイザーズ戦に先発出場 今季最多の24点をマーク

驚異の破壊力を誇るネッツ ビッグ3の一角カイリー・アービング「グループとして互いを補いたい」

ラプターズの渡邊雄太が自己最多タイの7試合連続出場 フレッド・バンブリートはフランチャイズ記録の快挙

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

選手

  • Fred VanVleet

キーワード

  • ニュース全般
  • 記録
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 54得点と爆発したラプターズのフレッド・バンブリート 個人の成功よりチームの団結力を強調「絆をより強固にする」