「NBA.com」に寄稿するセクー・スミス記者が新型コロナウイルスにより逝去

日本時間1月27日(現地26日)、「NBA TV」はターナー・スポーツのセクー・スミス記者が新型コロナウイルスにより逝去したと発表した。享年48歳。 スミス記者は「NBA.com」に寄稿するライターとしてだけでなく、「NBA TV」のアナリスト、ポッドキャストなどNBAに関する多くの媒体で活躍していた。アダム・シルバー・コミッショナーも「リーグは、NBAファミリーの最愛のメンバーであるセクー・スミスの死を悼みます」と声明を発表している。 ターナーに加わる前、2005年から09年までは『アトランタ・ジャーナル』の番記者として活躍していたこともあり、アトランタ・ホークスも「チームは悲しみに暮れています」と声明を発表。「素晴らしい洞察力の持ち主で、常に正直で公正な記事をファンに届けていました。彼の妻と3人の子どもたちに哀悼の意を表します」とコメントしている。 そのほか、クリス・ポール(フェニックス・サンズ)が「セクーの奥様、家族、友人にお悔やみを申し上げます。何て素敵な人を失ってしまったのだろうか」、ドウェイン・ウェイド(元マイアミ・ヒートほか)も「セクー・スミスとは前向きな会話しかしたことがなかった。スミス一家のために祈ります。どうぞ安らかに」と、SNSを通してスミス記者を弔った。

【NBA Rakuten特別企画】コービー・ブライアントが遺したもの~Remembering Kobe~

勝負所で飛躍したジェームズ・ハーデン ナッシュHCも「彼の能力を信頼している」と絶賛

ジャズのジョーダン・クラークソンが師コービーへの想いを告白「彼は僕の全てだった」

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「NBA.com」に寄稿するセクー・スミス記者が新型コロナウイルスにより逝去