2020-21シーズンのロスターは15人登録可能に

NBAの理事会は、新型コロナウイルスのパンデミックによる人手不足に対処するため、追加措置を講じた。 12月17日(日本時間18日)、理事会は2020-21シーズンに限り、試合当日のアクティブロスターを通常の13人から15人へ増やすことを認めた。これは、不測の事態によって選手の数が減ってしまった場合を考慮してのものだ。 過去のシーズンでも15人を登録できたものの、当日試合に出場できるのは13人までだった。残る2人の枠はこれまで2WAY契約の選手にあてがわれるケースが多かったが、今後はその枠も試合へ出場させる選手のための枠として使うことができる。 理事会招集前にコメントを求められたトロント・ラプターズのカイル・ラウリーは、「ウイルスに感染する選手がいるだろう。我々はそうした事態にアジャストしていかなければならない」と回答している。

【無料】「DAILY9Next~in オフシーズン~#7 これが私達のブザービーター!!!」を観る

カイル・クーズマがレイカーズと3年4000万ドルで延長契約

渡邊雄太がトロント・ラプターズと2WAY契約を締結 開幕ロスター入り

ミドルレンジの精度向上に取り組むヒートのバム・アデバヨ 「相手にプレッシャーをかけることができる」と指揮官も期待

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 2020-21シーズンのロスターは15人登録可能に