ウォリアーズ、ケリー・ウーブレイJr.のトレードが正式に成立 サンダーにはドラフト指名権を譲渡

11月22日(日本時間23日)、ゴールデンステイト・ウォリアーズは、オクラホマシティ・サンダーからケリー・ウーブレイJr.を獲得したと発表した。サンダーには見返りとして、2021年のドラフト1巡目指名権(プロテクションあり)、2巡目指名権(デンバー・ナゲッツ経由)を譲渡する。 12月に25歳となるウーブレイJr.は、2015年のドラフト1巡目15位でアトランタ・ホークスに指名され、その直後にトレードされたワシントン・ウィザーズでNBAデビュー。ウィザーズで3年半過ごしたのち、2018-19シーズン途中にフェニックス・サンズにトレードで移籍すると、今オフにはクリス・ポールとのトレードでリッキー・ルビオ(その後ミネソタ・ティンバーウルブズにトレード)らとともにサンダーに加入していた。 身体能力の高さを最大の魅力とするウイングは、平均得点を毎シーズン向上(3.7→6.3→11.8→15.2→18.7)させており、新天地では右足アキレス腱を断裂して新シーズンを全休することが先日発表されたクレイ・トンプソンの穴を埋める活躍が期待されている。 18日(同19日)のドラフトでは、1巡目全体2位でビッグマンのジェームズ・ワイズマンを指名したウォリアーズ。ステフィン・カリー、ウーブレイJr.、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、ワイズマンという5人が、新シーズンのスターティングラインナップになることが現戦力では予想されるが、15勝50敗でリーグ最下位に低迷した昨季から再びコンテンダーに戻ることができるのか注目が集まる。

【無料】Legend Watcher~コービーの81得点を#一緒に観よう!

レイカーズとマルク・ガソルが契約合意と報道 ジャベール・マギーはトレードでキャバリアーズへ

ボグダン・ボグダノビッチ、ホークスの4年総額7200万ドルのオファーシートにサイン キングスは引き留めに動くか

セルティックス、若きエースのジェイソン・テイタムと5年最大1億9500万ドルで契約延長に合意

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ
  • サンダー

選手

  • Kelly Oubre Jr.

キーワード

  • 移籍・トレード
  • トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズ、ケリー・ウーブレイJr.のトレードが正式に成立 サンダーにはドラフト指名権を譲渡