ゴードン・ヘイワード、ホーネッツ行き決断の理由は神様マイケル・ジョーダンからの“直接ラブコール”

ゴードン・ヘイワードは、ボストン・セルティックスとのプレイヤーオプションを破棄して完全FA(フリーエージェント)となり、シャーロット・ホーネッツと契約合意した。移籍決断の背景には、オーナーであるマイケル・ジョーダンから直々に電話があったことも大きな要因だったようだ。 『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は11月21日(日本時間22日)、ホーネッツとヘイワードが4年総額1億2000万ドル(約124億6000万円)で契約することに合意したと報じた。 同局のザック・ロウ記者によれば、NBAレジェンドであり、2010年からホーネッツ(旧ボブキャッツ)のオーナーを務めるジョーダンからヘイワードの元に“ラブコール”があったと明かしたという。 「ゴードン・ヘイワードによれば、マイケル・ジョーダンは契約を結ぶために電話をかけた。2014年の制限付きFA時に、MJとホーネッツとのオファーシートにサインしたのをヘイワードは今でももちろん覚えている」 ヘイワードはユタ・ジャズから制限付きFAとなった2014年オフ、ホーネッツの4年総額6300万ドル(約65億4000万円)のオファーシートにサイン。当時は最終的にジャズがマッチして残留したが、6年の月日を経て、今回ホーネッツ移籍が実現することになる。 現在30歳のヘイワードは昨季所属したセルティックスで、平均17.5得点、6.7リバウンド、4.1アシストを記録。プレイオフでは右足首を捻挫した影響で4試合の出場にとどまったが、ジェイソン・テイタム、ケンバ・ウォーカー、ジェイレン・ブラウンに次ぐ第4の得点源として、イースタン・カンファレンス第3シード獲得に貢献した。 “神様”からの2度目のラブコールでホーネッツ入りを決意したヘイワードには、フランチャイズを5年ぶりのプレイオフに導くことが期待される。

【無料】Legend Watcher~コービーの81得点を#一緒に観よう!

ジョン・ウォール、GMはトレード否定もロケッツ行きを米記者推察「可能性は5分5分」

レイカーズとマルク・ガソルが契約合意と報道 ジャベール・マギーはトレードでキャバリアーズへ

ウォリアーズ、ケリー・ウーブレイJr.のトレードが正式に成立 サンダーにはドラフト指名権を譲渡

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ

選手

  • Gordon Hayward

キーワード

  • ニュース全般
  • フリーエージェント
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ゴードン・ヘイワード、ホーネッツ行き決断の理由は神様マイケル・ジョーダンからの“直接ラブコール”