76ersがマーベリックスからセス・カリーを獲得 トレード要員としてジョシュ・リチャードソンらを放出

NBAドラフトが開催された11月18日(日本時間19日)、フィラデルフィア・76ers(以下、シクサーズ)とダラス・マーベリックスとの間でトレードが成立したことが、両チームのオフィシャルサイトで発表された。 このトレードでシクサーズはシューターのセス・カリーを獲得し、その見返りとしてガードのジョシュ・リチャードソンと今年のドラフト2巡目全体36位指名したタイラー・ベイの交渉権をマーベリックスに譲渡した。 ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)の弟として知られるデューク大学出身のカリーは、2013年のドラフトでは指名されず、プロキャリア最初の2年は主にDリーグ(現Gリーグ)で経験を積む。2015年に契約したサクラメント・キングスでチャンスを掴むと、その後はマーベリックス、ポートランド・トレイルブレイザーズでプレイし、徐々にシューターとしての地位を確立。特にマーベリックス2度目の加入となった昨季は、64試合で平均12.4得点、2.3リバウンド、1.9アシスト、3ポイント成功率45.2%(リーグ3位)という活躍を披露した。また、カリーはシクサーズのドック・リバース新HCの娘であるキャリー・リバースと2019年に結婚している。 マーベリックスに加入するリチャードソンは、2015年のNBAドラフト2巡目全体40位でマイアミ・ヒートに入団。持ち前の守備力を武器にチームの主力へと成長し、2019年のオフにジミー・バトラーらが絡むトレードでシクサーズへ移籍した。昨季も55試合で平均13.7得点、3.2リバウンド、2.9アシストとまずまずの活躍を見せたが、わずか1シーズンで再び新天地に移籍することとなった。 このトレードにより、シクサーズは昨季の課題だったアウトサイドシュートの人材を補強。一方のマーベリックスは、ペリメーターのディフェンスを強化し、エースのルカ・ドンチッチの負担を軽減することに成功した。

【無料】俺達のNBA‼「俺達のドラフト」

【NBAドラフト2020】指名結果一覧

アンソニー・デイビス、レイカーズのシュルーダー獲得を称賛 自身については「未所属」を強調

バックス移籍が報じられたボグダン・ボグダノビッチ、契約にまだ合意していなかったことが発覚 トレード不成立の可能性も

関連タグ

チーム

  • マーベリックス
  • 76ers

選手

  • Josh Richardson
  • Seth Curry

キーワード

  • 移籍・トレード
  • トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 76ersがマーベリックスからセス・カリーを獲得 トレード要員としてジョシュ・リチャードソンらを放出