ニックス、ジャズから今ドラフト1巡目23位指名権をトレードで獲得

ニューヨーク・ニックスは、11月18日(日本時間19日)に行われるNBAドラフトの1巡目23位指名権をユタ・ジャズから獲得した。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じている。 レオン・ローズ新球団社長となり、初めてのドラフトを迎えるニックスは、指名前に動きを見せた。今ドラフトの1巡目27位、38位の指名権と引き換えに、ジャズが保有する同23位指名権とのトレードアップを成立させたという。 ニックスは、ジャズから2008年のドラフト2巡目44位で指名を受けたアンテ・トミッチ(現ホベントゥート)の交渉権も合わせて獲得したが、現在33歳のクロアチア出身センターはNBA入りする見込みはないと目されている。 昨年のドラフト1巡目3位で指名したRJ・バレットは、2019-20シーズンにレギュラーとして56試合に出場し、平均14.3得点、5.0リバウンド、2.6アシストをマークするも、チームは21勝45敗とカンファレンス12位に沈み、7年連続でプレイオフ進出を逃した。 1巡目8位と23位の指名権を持って、今ドラフトに挑むことになったニックス。獲得を狙っていたとされるクリス・ポール(オクラホマシティ・サンダー→フェニックス・サンズ)を逃し、噂されていた大型司令塔ラメロ・ボールを指名する決断を下すのだろうか。さらなるトレードアップを含めた他チームとの駆け引きにも注目が集まる。

【無料】俺達のNBA‼「俺達のドラフト」

【NBAドラフト2020】注目選手紹介:ポイントガード編

リッキー・ルビオ、サンダー移籍は「驚きだった」とサンズの対応に不満を漏らす

ホークス、高額の複数年契約を準備してゴードン・ヘイワードのサイン&トレード画策か

関連タグ

チーム

  • ニックス

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ニックス、ジャズから今ドラフト1巡目23位指名権をトレードで獲得