アンソニー・デイビス、レイカーズのシュルーダー獲得を称賛 自身については「未所属」を強調

2019−20シーズン、ロサンゼルス・レイカーズの10年ぶりとなるリーグ制覇に大きく貢献したアンソニー・デイビスが、11月18日(日本時間19日)にトレードでオクラホマシティ・サンダーから獲得することが正式発表されたデニス・シュルーダーについて言及した。 シュルーダーは、昨季サンダーで平均18.9得点、4.0アシスト、3.6リバウンドを記録し、シックスマン賞では最終候補の1人に選出(結果は2位)。プレイメーカーの補強が課題となっていたレイカーズにとって、ニーズを埋めるトレードとなった。 レイカーズが戦力強化に努めるなか、デイビスは『Yahoo Sports』のクリス・ヘインズ記者がホスト役を務める番組『Posted Up』に出演。「素晴らしい補強」とシュルーダーの印象を述べている。 「彼ならいつでもシックスマン賞を取れるよ。彼はタフで、昨季はシュートを良く決めていた。ペイントに切り込み、ノーマークの味方を見つけることができる。とても闘争心のある選手で、ロサンゼルス・レイカーズにとって良い補強だ」 このように新シーズンでチームメイトになる可能性が高いシュルーダーを称賛したデイビス。自身はオプトアウト(契約破棄)して今オフに完全FA(フリーエージェント)となるため、今回のインタビューではレイカーズを「彼ら」と呼んだり、「今、自分は所属チームがない」と語るなどフリーな立場であることを強調したが、レイカーズに残留することはほぼ確定的と見られている。 大方の予想通りデイビスが残留した場合、レブロン・ジェームズ、デイビス、シュルーダーのトリオはどのような連携を見せるのか。連覇を狙う2020-21シーズンの大きな注目ポイントとなる。

【無料】俺達のNBA‼「俺達のドラフト」

【NBAドラフト2020】指名結果一覧

王者レイカーズはドワイト・ハワードとマーキーフ・モリスとの再契約に興味

バックス移籍が報じられたボグダン・ボグダノビッチ、契約にまだ合意していなかったことが発覚 トレード不成立の可能性も

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Anthony Davis
  • Dennis Schroder

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アンソニー・デイビス、レイカーズのシュルーダー獲得を称賛 自身については「未所属」を強調