ニックスが取り組むべきは育成? FA市場の動きを米有名記者が予測「大物スターを獲得するつもりはない」

ニューヨーク・ニックスはトム・シボドー新HC(ヘッドコーチ)を迎え、7年連続負け越しの低迷期から脱却を目指す。FA(フリーエージェント)ではフレッド・バンブリード(トロント・ラプターズ)などが獲得候補に挙がっているが、サラリーキャップに約6000万ドル(約62億2000万円)の空きを作ることができると目されるなかで、大物選手の獲得には動かないかもしれない。 『SNY』の番組『The Putback with Ian Begley』に出演した『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、「ニックスとマディソンスクエア・ガーデンというバリューだけでは不十分だ」と語り、フランチャイズとしての認識を変えるべきだと訴えた。 「FAが即効性のある解決策になるとは思わない。たしかにフレッド・バンブリートは多くのチームが欲しがっている選手だ。ニックスのニーズを満たすだろうが、トロントから獲得するのは難しいだろう」 ニックスは今年のドラフトで1巡目8位と27位の指名権を保有しており、大型司令塔のラメロ・ボールやケンタッキー大のタイリース・マキシーらをリストアップしているとされる。昨季NBA1年目でレギュラーを張った20歳のRJ・バレットら既存選手を含め、若手の才能を伸ばすことが優先事項だとウォジナロウスキー記者は主張している。 「チームをステップアップさせるうえで、フォーカスすべきは“成長”だ。ニックスはフリーエージェントでビッグスターを獲得するつもりはない。堅実かつ信頼できる基盤が維持できるとプレイヤーに示さずに再建に乗り出せば、ビッグスターを獲得することはできない」 かつて名門と言われたニックスも、近年の低迷でその名声は失われつつある。新シーズンに8年ぶりとなるプレイオフ進出を果たし、強豪復活の足掛かりを掴めるだろうか。

【無料】DAILY9Next~in オフシーズン~#1 女子3人がオフも集合!を観る

ペリカンズのドリュー・ホリデーはトレード候補? 複数の強豪チームが獲得を検討か

シャキール・オニールが“相棒”コービー・ブライアントの銅像のデザインを提案

カール・アンソニー・タウンズ、新型コロナで母親を亡くした日を回顧「医師からは『1、2時間の命』と伝えられていた」

関連タグ

チーム

  • ニックス

選手

  • RJ バレット

キーワード

  • ニュース全般
  • トム・シボドーHC
  • エイドリアン・ウォジナロウスキー記者
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ニックスが取り組むべきは育成? FA市場の動きを米有名記者が予測「大物スターを獲得するつもりはない」