名将ジョージ・カール、元教え子カーメロ・アンソニーに去就の“アドバイス”「ブレイザーズに戻ることを勧める」

ポートランド・トレイルブレイザーズのカーメロ・アンソニーはプロ17年目の今季、シーズン途中の契約から見事に復活を果たした。オフに完全FA(フリーエージェント)となり、去就が注目されるなか、恩師はブレイザーズとの再契約を勧めている。 アンソニーはヒューストン・ロケッツに所属していた2019年1月にシカゴ・ブルズへトレードされ、翌2月に解雇の憂き目に遭った。9か月以上も所属チームがない状態が続いたなか、今季開幕後にブレイザーズと契約。レギュラーシーズン58試合に先発出場し、平均15.4得点、6.3リバウンド、1.5アシストを記録する活躍を見せた。 ブレイザーズの“第3の男”として復活を果たしたアンソニーは、今季限りで契約満了。プレイオフ1回戦敗退後には、「来シーズンもポートランドにいられることを祈っている。このチームこそが最も自分に合っていると思う」と残留を希望するコメントを残していた。 かつて所属したニューヨーク・ニックスへの移籍説も伝えられるなか、2004-05シーズンから7年半、デンバー・ナゲッツでアンソニーを指導した名将ジョージ・カールは、『SiriusXM NBA radio』で元教え子の去就について自身の見解を述べている。 「メロはポートランドにフィットしていた。キャリアの中で所属してきたチームで見られなかったつながりとコミュニケーションレベルだった。自分にとって本当に良いチームに巡り合えたのに、なぜどこか別の場所を求める必要があるのか。ポートランドで得たものを考えれば、私はポートランドに戻ることを勧める。キャリアのこの段階で一か八かのリスクを負う必要はない」 来年5月には37歳を迎えるアンソニー。徐々に引退の時が近づくなかで、デイミアン・リラードやCJ・マッカラムを擁するブレイザーズ残留か、新天地に挑戦する道を選ぶのか、その決断に注目が集まる。

【無料】俺達のNBA‼ 「俺達の補強」を観る

クリス・ポールのレイカーズ加入説にドウェイン・ウェイドが言及「CP3を加えたら支配が始まる」

ご意見番シャキール・オニール、ポール・ジョージのトレードを提言「2人の優秀な選手を獲得しなければならない」

JR・スミス、王者となったレイカーズと2016年のキャバリアーズを比較「クリーブランドには多彩さがなかった」

スパーズのデマー・デローザン、ピストンズ“移籍希望”の報道を否定「いつそんなふざけたことを言ったのか」

セルティックスのゴードン・ヘイワード獲得にペイサーズを含む複数のチームが興味か

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ

選手

  • カーメロ アンソニー

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 名将ジョージ・カール、元教え子カーメロ・アンソニーに去就の“アドバイス”「ブレイザーズに戻ることを勧める」