76ersのドック・リバース新HC、“払い過ぎ”と評されるトバイアス・ハリスを有効活用できるか

フィラデルフィア・76ersはドック・リバースHC(ヘッドコーチ)を迎え、今プレイオフ1回戦負けからの巻き返しを新シーズンに誓う。今季存在感が薄くなっていたトバイアス・ハリスを有効活用できるか、『Forbes』のブライアン・トポレク記者が注目している。 ハリスは2019年2月にロサンゼルス・クリッパーズからトレードで加入。2018-19シーズン終了後に完全FA(フリーエージェント)となり、5年総額1億8000万ドル(約190億円)で76ersと再契約を結んだ。 今季は72試合に出場して、ジョエル・エンビードに次ぐチーム3位の平均19.6得点、6.9リバウンド、3.2アシスト、3ポイント成功率36.7%を記録。しかし、4連敗で敗退となったボストン・セルティックスとのプレイオフ1回戦では平均15.8得点、シュート成功率38.3%と苦しみ、ポール・ジョージやカワイ・レナード(ともにクリッパーズ)らスーパースターと同等の高額年俸を受け取る選手としては役目を果たせなかった。 トポレク記者は、「76ersが昨夏にトバイアス・ハリスと5年総額1億8000万ドルの契約を結んだ時、明らかに払い過ぎだと見られた。そして、契約1年目に、ハリスはそれらの声を鎮めるために何もできなかった」と言及。そのうえで、クリッパーズでハリスを指導し、キャリアハイの成績を引き出したリバースHCの手腕が鍵を握るとした。 ハリスはクリッパーズで計87試合に出場して平均20.3得点、シュート成功率48.7%、3ポイント成功率42.6%と好成績をマーク。リバースHCは就任会見で「トバイアスは複数のポジションでプレイできる選手。サイズのある3番(スモールフォワード)、速い4番(パワーフォワード)だ。彼のシュートが好きだし、素晴らしいドライブも持っている」と話すとともに、ピック&ロールの活用も示唆している。 エンビードとベン・シモンズの二枚看板と上手く噛み合わなかったハリスだが、リバースHCとの師弟関係復活で名誉挽回となるだろうか。

【無料】とりファン最新回を観る

クリス・ボッシュ、北京五輪での一番の思い出はコービー・ブライアントとの共闘「手が届かない存在だった」

ヒートが2021年のFA市場でヤニス・アデトクンボ獲得を視野か キーマンはアデバヨと米記者指摘

「ハーデンが私の人生を変えた」ロケッツ辞任のダリル・モーリー前GMが地元紙に広告掲出で感謝

カワイ・レナードがフロントにポイントガード補強を要求? “コート上の指揮官”の必要性を米識者が指摘

ウィザーズのジョン・ウォールがケビン・デュラント主催のピックアップゲームに参加 スピードと3ポイントをアピール

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Joel Embiid
  • Tobias Harris
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  • ドック・リバースHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 76ersのドック・リバース新HC、“払い過ぎ”と評されるトバイアス・ハリスを有効活用できるか