ラジョン・ロンド、プレイヤーオプション破棄でFA市場参戦か レイカーズとの再契約も選択肢の一つ

2019-20シーズンのNBAはロサンゼルス・レイカーズの通算17回目の優勝で幕を閉じ、オフに突入した。新シーズンに向けた移籍動向が注目を集めるなか、レイカーズのラジョン・ロンドはプレイヤーオプションを破棄して完全FA(フリーエージェント)になるという。『BasketballNews.com』のクリス・シェリダン記者が報じた。 2018年7月に完全FAでレイカーズに加入したロンドは、今季開幕前にベテラン最低保証額で1年間+プレイヤーオプション付きの再契約を結んだ。レギュラーシーズンは右手骨折による離脱こそあったが平均7.1得点、5.0アシストを挙げると、今プレイオフ(21試合中16試合出場)では、1970-71シーズン以降のポストシーズンにおけるベンチプレイヤーの最多アシスト記録(105本)を樹立。ボストン・セルティックスとレイカーズの両チームで優勝を達成した史上2人目の選手となった。 来年2月に35歳を迎えるなか、260万ドル(約2億7000万円)の契約を破棄して完全FAになる見込みだという。シェリダン記者は「彼は間違いなくオプトアウト(契約破棄)する」という関係者証言を紹介しているが、レイカーズ退団が決定したわけではなく、「オプションを行使しなくても、レイカーズと再契約する可能性はある」と伝えている。 ロンドはファイナル終了直後、『ESPN』の番組『First Take』で「エージェントと腰を据えて話すけど、今はFAについて考えたくない」と語っていたが、ロンドのプランは急速に進んでいるようだ。 今オフにはトロント・ラプターズのフレッド・バンブリート、マイアミ・ヒートのゴラン・ドラギッチ、ユタ・ジャズのマイク・コンリー(アーリーターミネーション・オプション)といったポイントガードが移籍市場に出る可能性がある。この3人が現所属を離れる決断をした場合、その後任を求めるチームのターゲットになり得るとシェリダン記者は見立てている。 果たして、熟練のロンドは来たる新シーズンでどのチームのユニフォームを着ることになるのだろうか。

その他のニュース

ロケッツ、ダリル・モーリーGMが辞任へ 新HC決定までは“特別顧問”としてチームをサポート

クリッパーズ、タロン・ルーACが新指揮官に“内部昇格” 主要選手からの支持を得て5年契約で合意へ

初優勝のアンソニー・デイビス、プレイヤーオプション破棄でレイカーズとの再契約を視野か

就任1年目で優勝。ポジティブなエナジーでレイカーズをまとめたフランク・ボーゲルHC【宮地陽子コラム vol.7】

レイカーズ相手に善戦。雑草軍団を支えた“ヒート・カルチャー”とは【杉浦大介コラム vol.34】

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Rajon Rondo

キーワード

  • ニュース全般
  • フリーエージェント
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラジョン・ロンド、プレイヤーオプション破棄でFA市場参戦か レイカーズとの再契約も選択肢の一つ