セルティックスGM、司令塔ケンバ・ウォーカーの“満身創痍”を代弁「明らかに本来の姿ではなかった」

ボストン・セルティックスのダニー・エインジGM(ゼネラルマネージャー)が10月1日(日本時間2日)、シーズン終了会見を実施。左膝に不安を抱えながら最後まで戦った司令塔ケンバ・ウォーカーは、“本来の姿”ではなかったと見解を述べた。 ウォーカーは今季、リーグ中断前のラスト10試合のうち、6試合を左膝痛で欠場。自粛期間が明け、練習施設が解放された6月の自主トレーニング中に再び左膝に違和感を覚え、バブル(隔離地域)でのシーズン再開まで負荷をセーブしながら調整していた。

■ファイナルをお得に観よう! キャンペーン実施中

シーディングゲームこそ2試合休んだが、ポストシーズンは全17試合に先発出場。平均19.6得点、4.1リバウンド、5.1アシストとリーダーとしてチームを牽引し、自身初のプレイオフ1回戦突破を果たすだけでなく、カンファレンス決勝まで駒を進めた。 マイアミ・ヒートとのカンファレンス決勝に敗れてNBAファイナル進出は叶わなかったなか、エインジGMはシーズン終了会見でウォーカーついて言及。『ESPN』のティム・ボンテンプス記者がコメントを紹介している。 「私はバブルの中にはいなかった。でも、チームがバブル入りする前に、彼がボストンにいた時、彼は練習環境が限られるなかでもトレーニングしていた。プレイオフに備えて準備していたけど、彼は明らかに本来の姿ではなかった。ケンバは怪我のことを自分からは言いたくないんだ。コーチにも、メディアにも、私にもね。これまで彼から言い訳を聞いたことはない。でも、試合を見ていて、勝った時や良いプレイをしている時でさえ、10~12月のコンディションとは同じじゃないことは一目瞭然だった」 ただ、今季のセルティックスはウォーカーに依存したチームではなく、ジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウン、ゴードン・ヘイワード、マーカス・スマートなどそれぞれが補完し合い、総合力で快進撃を見せた。エインジGMも若手の成長を含めて、チームのポテンシャルを感じたという。 「ケンバはベストの状態じゃないのにプレイオフで平均19~20得点を挙げた。本来の姿ではなかったけど、素晴らしいリーダーであり、素晴らしいチームメイト、素晴らしい人間だ。そして、ジェイレン(ブラウン)とジェイソン(テイタム)も特別。マーカス(スマート)も大きな役割を果たした。ケンバとゴードン(ヘイワード)が健康な状態であれば、我々がどれだけ良いチームか分かった」 2007-08シーズン以来となるリーグ優勝は叶わなかったが、来シーズンのセルティックスも要注目チームとなるのは間違いなさそうだ。

その他の最新ニュース

NBAファイナルはレイカーズが初戦を圧勝。ヒートにアンソニー・デイビスを止める術はあるのか【大柴壮平コラム vol.53】

ステフィン・カリー、父親と同じ現役16年の目標にトレーナーは太鼓判「引退時期を予想するのは時期尚早」

ネッツのケビン・デュラント、カイリー・アービングとの“共闘”決断は2019年オールスターと告白「心は決まった」

ナゲッツのジェレミー・グラントの獲得にサンズ、ピストンズ、ホークスが興味か

「自分がベストオプションだと思っていた」カイリー・アービングがキャブズ&セルティックス時代のマインドを明かす

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Jaylen Brown
  • Gordon Hayward
  • Marcus Smart
  • Jayson Tatum
  • Kemba Walker

キーワード

  • ニュース全般
  • ダニー・エインジ球団社長
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスGM、司令塔ケンバ・ウォーカーの“満身創痍”を代弁「明らかに本来の姿ではなかった」