ヒートのジミー・バトラー、NBAファイナルでのレイカーズ撃破に意欲「俺らはアンダードッグじゃない」

マイアミ・ヒートはボストン・セルティックスとのカンファレンス決勝をシリーズ成績4勝2敗で制し、6年ぶりのNBAファイナル進出を決めた。 ウェスタン・カンファレンス首位(52勝19敗)のレイカーズと対戦するヒートは、イースタン・カンファレンス5位(44勝29敗)でプレイオフを勝ち上がったため、優勝候補とアンダードッグ(勝ち目の薄いチーム)との一戦だと見る傾向が強い。ただ、『ESPN』のティム・ボンテンプス記者によれば、ヒートのジミー・バトラーは9月29日(日本時間30日)のメディア・デーで「俺らはアンダードッグじゃない」と語ったという。

■ファイナルをお得に観よう! キャンペーン実施中

「(ヒートは)本当に良いチーム。それだけさ。僕らが他の誰よりも優れていると言うつもりはないが、俺らがアンダードッグだとは思っていない」 多くのファンや識者にとって予想外となったヒートのNBAファイナル進出について、バトラーはこのようにコメントを残している。 「俺らがここに辿り着くと誰も予想していなかったが、それが何なんだ? まったく気にしていない。そして、俺らが勝つと予想する者もいないと思うが、結局のところ、俺らはそれを受け入れるだけで、いちいち気にしてはいない。精いっぱい戦って、いつものようにチームと一緒にプレイするだけさ。最終的には、俺らはマイアミ・ヒートのやり方を貫いていく。その方法はシーズンを通して上手くいっていたからね」 ヒートのファイナル進出は6年ぶり通算6回目で、そのうち2006年、2012年、2013年に優勝を果たしている。9月30日(同10月1日)から始まるレイカーズとの頂上決戦では、かつてヒートで2度優勝を経験したレブロン・ジェームズがおり、大いに注目を集めることになりそうだ。

その他の最新ニュース

“Go New York Go!” 誰よりもニックスを愛する男、スパイク・リー【大井成義コラム vol.6】

ウルブズ、1位指名権のトレードを最優先の方針 成立しない場合は大型司令塔ラメロ・ボールを指名か

レイカーズ優勝の再現が目標!? 二枚看板の不仲説が付きまとう76ers、次期HCにタロン・ルー招聘へ動くワケ

コーヒーショップ戦争が勃発中のヒート、顧客のバム・アデバヨ「ジミー・バトラーのコーヒーは高すぎる」

レブロン・ジェームズの支配力を同僚が称賛「試合終盤、彼がアウトサイドシュートを決めだしたら相手は終わり」

関連タグ

チーム

  • レイカーズ
  • ヒート

選手

  • LeBron James
  • Jimmy Butler

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAファイナル
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ヒートのジミー・バトラー、NBAファイナルでのレイカーズ撃破に意欲「俺らはアンダードッグじゃない」