ラプターズのマルク・ガソル、故郷スペインのチームとの契約を検討か

今オフにフリーエージェントになるトロント・ラプターズのマルク・ガソルが、母国であるスペインのチームと契約することを検討していると報道された。 世界のバスケットボール情報を配信する『Sportando』は、ガソルの噂について「『Radio Ser Catalunya』のシャビエル・サイソ氏によると、スペイン人センターのガソルは、家族のことを考えて、故郷であるヨーロッパに戻ってプレイすることを視野に入れているようだ」と伝えている。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

この情報を受けて『NBC Sports』のカート・ヘリン記者はガソルについて、「ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)やニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)のエリート選手を除けば、センターはNBAにおいて安価で選手を獲得するポジションとなった。35歳となったガソルに対しては、ベテラン最低保証額での1〜2年のオファーになることが予想される。まだ来季の開幕時期が決まっていないことや、NBA、そしてアメリカが新型コロナウイルスに対し、どのような対応を見せるかもガソルの決断に影響するかもしれない」と説明している。 2007年のドラフト2巡目全体48位で指名されたガソルは、2008年から10年半メンフィス・グリズリーズでプレイしたあと、昨季2月にトロント・ラプターズにトレードされ、同シーズンに自身初のNBAチャンピオンに輝いている。 今シーズン、ガソルは44試合に出場して1試合平均7.5得点、6.3リバウンド、3.3アシストを記録した。

その他の最新ニュース

NBAドラフト2020の開催日が11月18日に延期

ロケッツのオーナーがダリル・モーリーGMの続投を確約「最適なHCを見つけると確信している」

ピストンズ、グループワークアウト開始もブレイク・グリフィンとデリック・ローズは不参加

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

選手

  • Marc Gasol

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラプターズのマルク・ガソル、故郷スペインのチームとの契約を検討か