ロケッツ、マイク・ダントーニHC退任濃厚もスモールボール路線は継続か

ヒューストン・ロケッツは、カンファレンス準決勝でロサンゼルス・レイカーズにシリーズ1勝4敗で敗れ、今シーズンを終えた。4シーズンにわたり指揮官を務めたマイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)は、再契約をせずにチームを離れる意思を表明したと報道されており、今後チームがどのような方向性で進んでいくのかに注目が集まっている。 そんななか、『ESPN』のティム・マクマホン記者は、たとえダントーニHCが去っても、ロケッツは指揮官が採用したスモールボール戦術を継続すると予想。2シーズン連続でカンファレンス準決勝敗退と、このスタイルではプレイオフで勝てないと批判する声はあるものの、今季はラッセル・ウェストブルックが、再開シーズンで怪我に苦しみ、コンディション不良のなかプレイしていた点などを考慮すべきだとしている。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

また同記者は、ダントーニHCが離れる一方で、ダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)は残留濃厚だと伝え、ハーデンを軸としたチーム作りを継続することがロケッツの考えだと記した。 「ロケッツとモーリーGMが『スモールボールこそ優勝をもたらす唯一の方法』だと考えているわけではない。ただ彼らは、リーグ最高の“アイソレーション・プレイヤー”である(ジェームズ)ハーデンと、センターやパワーフォワードを守ることを苦にしないポイントガード(ウェストブルック)を軸とするチームにとっては、この戦術を採用することが最も優勝する可能性が高くなると信じている。ロケッツは、ダントーニの後任として、同じ様なスタイルでも上手くやれるコーチを探すだろう。良くも悪くも、ロケッツのスモールボール路線はまだ始まったばかりだ」

その他の最新ニュース

名シックスマンのリアンドロ・バルボサ、現役引退とともにウォリアーズのメンターコーチ就任を発表

名手レイ・アレンが“神様”マイケル・ジョーダンとの初対峙を回顧「死ぬほど怯えていた」

バックスがヤニス・アデトクンボと休暇後に再面談へ ラグジュアリータックス支払いも厭わない姿勢でアピール

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  • ダリル・モーリー
  • マイク・ダントーニHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ロケッツ、マイク・ダントーニHC退任濃厚もスモールボール路線は継続か