第5戦で退場したデニス・シュルーダーとPJ・タッカーに2万5000ドルの罰金

8月30日(日本時間31日)、NBAバスケットボール運営部門エグゼクティブ・バイスプレジデントのキキ・バンダウェイ氏は、29日(同30日)に行われたヒューストン・ロケッツ対オクラホマシティ・サンダーのプレイオフ1回戦第5戦で共に退場となったロケッツのPJ・タッカー、サンダーのデニス・シュルーダーに、それぞれ2万5000ドル(約264万円)の罰金処分を科したと発表した。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

ロケッツが114対80と快勝し、シリーズ3勝2敗と王手をかけた第5戦の第3クォーター残り6分51秒に問題のシーンは起こった。ロケッツのジェームズ・ハーデンをマークしていたシュルーダーにタッカーがスクリーンをかけると、ハーデンを追いかけるシュルーダーとタッカーが激しく衝突して両者ともにコートに転倒。プレイはタッカーのオフェンシブ・ファウルとなったが、その際シュルーダーの腕が下腹部に直撃したことにタッカーが激昂し、シュルーダーに詰め寄ったところ互いに引かずに口論となった。 その後、両チームの選手が2人を引き離して乱闘とはならなかったが、審判団のビデオレビューによって、シュルーダーにフレグラントファウル2が宣告され、タッカーも事態を悪化させる挑発的な行為を取ったことでテクニカルファウルを言い渡されて共に退場処分となった。 罰金を科された両者だが、出場停止の処分は受けておらず、8月31日(同9月1日)のシリーズ第6戦には出場できる。

関連タグ

チーム

  • サンダー
  • ロケッツ

選手

  • PJ Tucker
  • Dennis Schroder

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 第5戦で退場したデニス・シュルーダーとPJ・タッカーに2万5000ドルの罰金