スパーズのデジャンテ・マレー、近所の子どもたちとバスケを楽しむ動画を公開「人々と繋がれるからこの仕事は最高」

サンアントニオ・スパーズのデジャンテ・マレーが自身のインスタグラムに、近所の子どもたちと自宅の駐車スペース前に設置したゴールでバスケットボールを一緒にプレイしている動画を公開した。子ども相手に容赦ないダンクを浴びせるなど、シーズン中断中にファンとの交流を図るマレーの様子を『TalkBasket.net』が伝えている。 マレーと共に動画に登場したのは「一緒にバスケをしたい」とマレーの自宅に訪れた近所に住む子ども達。今アメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために実施されていた外出規制が各地で緩和されており、その結果、マレーも久しぶりにファンと触れ合うことができたようだ。 マレーは子どもたちの家族を含めて撮った集合写真をインスタグラムに掲載し、「この2カ月、彼らは僕の自宅に来て一緒にプレイしようと尋ねるのが怖かったんだと思う。でも、ようやくそれが怖くなくなったみたいで、僕たちは友達になった。こういうように世界中の人々と繋がれるから、この仕事は最高だと思うんだ」と綴っている。 2016年ドラフト1巡目29位でスパーズに加入したマレーは、頭角を現した2年目の2017-18シーズンにオールディフェンシブ・セカンドチーム入り。昨季は怪我で全休するも、復活した今季は58試合に出場し、平均10.7得点、5.8リバウンド、4.1アシスト、1.7スティールを記録している。

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Dejounte Murray

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. スパーズのデジャンテ・マレー、近所の子どもたちとバスケを楽しむ動画を公開「人々と繋がれるからこの仕事は最高」