ペリカンズ、18日にチーム施設での練習解禁へ

ニューオーリンズ・ペリカンズが、5月18日(日本時間19日)にチーム施設を利用しての練習解禁を目指していると地元紙『The Times-Picayune』が報じている。 NBAでは5月8日(同9日)に、クリーブランド・キャバリアーズとポートランド・トレイルブレイザーズがチーム施設を使っての限定的な個人練習を再開した。ペリカンズは地元ルイジアナ州の外出規制が15日(同16日)に緩和されることを受け、18日からチーム施設をオープンする予定のようだ。 このワークアウトは個人練習しか認められず、さらに施設には同時に最大で選手4名までしか入ることが許されていない。トレーニングに付き添うことができるスタッフは選手1人につき1人までで、ヘッドコーチ、フロントの幹部スタッフらは関与できないことになっている。ほかにも、37.3度以上の熱があると施設への立ち入り不可となるなどの規則が設けられている。 同紙は、チームが本拠とするニューオーリンズから離れた場所に滞在している選手たちに関しては、移動におけるウイルス感染リスクがあるとし、ワークアウトを行うための帰還を要請しないと伝えている。

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ペリカンズ、18日にチーム施設での練習解禁へ