ネッツのスペンサー・ディンウィディー、ナイジェリア代表入りか

『ESPN』のマリカ・アンドリュース記者によると、ブルックリン・ネッツのスペンサー・ディンウィディーがナイジェリア代表として国際大会に出場するために、同国のパスポートを取得する申請をしているようだ。 ディンウィディーは4月18日(日本時間19日)に「みんなに知られたようだね(笑)」というメッセージを自身のツイッターに投稿し、この噂を大筋で認めている。 今年のNBAオールスターのファン投票で、イースタン・カンファレンスのガード部門の10位にランクしたディンウィディーは、昨年12月にキャリアハイの41得点を記録するなど、急成長を見せているが、アメリカ代表チームの最終候補には選ばれなかった。 もしナイジェリアのバスポートを取得することができれば、ディンウィディーはナイジェリア代表として来年に延期された東京オリンピックに出場できる。 ナイジェリア代表のヘッドコーチは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのマイク・ブラウン・アシスタントコーチが務めており、チームのロスターにはミネソタ・ティンバーウルブズのジョシュ・オコーギーや、オーランド・マジックのアル・ファルーク・アミヌらがいる。 アフリカの国々のなかで最も良い順位で2019年のFIBAワールドカップを終えたナイジェリア代表は、すでに東京オリンピックへの出場が決まっている。 今シーズン、肩の怪我で長期離脱したカイリー・アービングに代わって先発に昇格したディンウィディーは、1試合平均20.6得点、3.5リバウンド、6.8アシストという大活躍を披露している。

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Spencer Dinwiddie

キーワード

  • ニュース全般
  • オリンピック
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツのスペンサー・ディンウィディー、ナイジェリア代表入りか