レブロン・ジェームズ、「ブレイザーズが第8シードでプレイオフに進出すればレイカーズにとって脅威となる」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが、キャバリアーズ時代のチームメイトで元NBA選手のリチャード・ジェファーソンとチャニング・フライ、そして『ESPN』のNBAアナリストであるアリー・クリフトンがホストを務めるポッドキャスト番組『Road Trippin’』にゲスト出演した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、NBA残りのシーズン中断を余儀なくされている中、4人は約50分間にわたり今後のNBAやポストシーズンについて語った。 同ポッドキャスト番組のクルーは、今季のNBAが再開された際にリーグを盛り上げるため、ウェスタン・カンファレンスの8位から11位のチームによるトーナメントを行い、第8シードを決定することを提案した。この案は、現在8位につけるメンフィス・グリズリーズと11位のサクラメント・キングス、そして9位につけるポートランド・トレイルブレイザーズと10位のニューオーリンズ・ペリカンズが3戦ずつ行い、勝ち上がった2チームで第8シードを賭けて戦うというものだ。 レブロンは、おそらくレイカーズと対戦することとなる第8シードの座をトレイルブレイザーズが獲得した場合、レイカーズにとって脅威となると、以下の通りコメントしている。 「トレイルブレイザーズが第8シードでプレイオフに進出したら僕らにとっては非常に厄介な存在になるよ。プレイオフでも得点を量産できる点取り屋が3人もいるからね。デイミアン・リラードは50得点、CJ・マッカラムは40得点、そして調子がいい時のカーメロ・アンソニーは35得点から40得点を簡単に挙げてしまうからね。彼らが好調な時のポートランドは、脅威となるよ」

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ
  • レイカーズ

選手

  • LeBron James
  • Damian Lillard
  • CJ McCollum

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レブロン・ジェームズ、「ブレイザーズが第8シードでプレイオフに進出すればレイカーズにとって脅威となる」