ホークスのトレイ・ヤング、自身が選ぶリーグトップ3ディフェンダーを発表

リーグ中断中にSNSを通して積極的にファンとのコミュニケーションを図るアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングが、3月24日(日本時間25日)、自身のツイッターでQ&Aを行い、「リーグのトップ3ディフェンダーは?」という質問に対して、シンプルかつ明確に答えた。 リーグ屈指のスコアリングPGが対戦するのが苦手な相手として挙げたのは「ドリュー・ホリデー(ニューオーリンズ・ペリカンズ)、クレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、カワイ・レナード(ロサンゼルス・クリッパーズ)」。同日に行われた『ESPN』の取材で、その3人を選んだ理由についてヤングは以下のように答えている。 「基本的にどのチームもリーチの長い選手を僕のマークにつける。そんななかで最も対戦するのがタフだと思ったのが、ドリューにカワイ、そしてクレイなんだ。クレイとは昨シーズン対戦したけど、本当に難しかった。頭が良くて素晴らしいディフェンダーだね。カワイに関してはトロントで対戦した時、勝利が懸かった最後のシュートを止められた。ブロックされそうになって、変なシュートを打たされたんだ。ドリューは現在最も過小評価されている選手の1人だね」 2度の最優秀守備選手賞を誇るレナード。過去2度オールディフェンシブチームに選出されているホリデー。同チーム選出は1度ながら、リーグ入り以降トップディフェンダーの1人として必ず名前が挙がるトンプソン。 いずれもの選手もすでにディフェンダーとしての地位を確立しているが、キャリア2年目にしてリーグ4位となる平均29.6得点を記録しているヤングの言葉から、改めてその3人の能力の高さが証明された。

関連タグ

チーム

  • ホークス

選手

  • Trae Young
  • Jrue Holiday
  • Klay Thompson
  • Kawhi Leonard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ホークスのトレイ・ヤング、自身が選ぶリーグトップ3ディフェンダーを発表