76ersのベン・シモンズ、バックス戦で背中を痛め途中退場

フィラデルフィア・76ers(以下、シクサーズ)のベン・シモンズが、2月22日(日本時間23日)に行なわれたミルウォーキー・バックス戦の開始早々に背中を痛めて途中退場した。そのまま戻ることなく、試合を終えている。 シモンズは第1クォーター残り7分21秒、ゴール下にドライブして相手ビッグマンのブルック・ロペスからファウルを取ったプレイで背中をひねったと見られる。フリースローを2本打った後、ロッカールームに下がっていった。シモンズは背中の痛みによって2月20日(同21日)のブルックリン・ネッツ戦を欠場しており、復帰直後に再び悪化させることになってしまった。 2016年ドラフト全体1位指名のシモンズは、ルーキーイヤーを故障で全休。しかし、ここ2年間は17-18シーズンに81試合、昨シーズンも79試合に出場するなど、大きな故障とは無縁だった。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、シモンズは23日(同24日)にMRI検査を受ける予定とのこと。 試合は、バックスがシモンズを欠いたシクサーズに119-98と、イースタン・カンファレンスの上位対決に圧勝。ヤニス・アデトクンボが31得点、17リバウンド、8アシスト、クリス・ミドルトンが25得点、9リバウンドと中心選手がきっちりと役割を果たし、余裕の勝利だった。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Ben Simmons

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 76ersのベン・シモンズ、バックス戦で背中を痛め途中退場