レブロン・ジェームズが、同僚アンソニー・デイビスの守備力を称賛「彼は何でもできる」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、今シーズンの最優秀守備選手賞にはチームメイトのアンソニー・デイビスが選ばれるべきだと自身の見解を示した。 レイカーズは2月21日(日本時間22日)に行われたメンフィス・グリズリーズ戦に117-105で勝利。試合後のメディア対応でレブロンは、その試合で7ブロックを記録したデイビスに対して「彼は何でもできる」と賛辞を送っている。 「ゴール下を守ることができて、ポストの守備も問題ない。ガードにスイッチすることも苦にしない。フローターなどもブロックするし、スティールもする。僕らのディフェンスにおいて彼はすべてをやっているよ。だから彼が最優秀守備選手なんだ」 レブロンの意見に、チームを指揮するフランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)も賛同している。 「今日も最優秀守備選手のような活躍を見せてくれたね、シンプルに彼はリーグで最高のディフェンダーだよ」 これまでのキャリアで同賞に輝いたことはないデイビスだが、今シーズンはその最有力候補に挙げられている。レイカーズ加入1年目の今シーズン、1試合平均26.7得点、9.3リバウンド、3.3アシスト、2.5ブロック、1.6スティールを記録するなど、ここまで攻守で抜群の存在感を示している。 守護神として輝きを放つデイビスには相手選手も脱帽だった。敗れたグリズリーズのディロン・ブルックスは「彼が最優秀守備選手を受賞すると思う」と語っている。 42勝12敗でウェスタン・カンファレンス首位を走るレイカーズ。11年ぶりにリーグ制覇を達成するには、デイビスの攻守における貢献が今後も必須となることは間違いないだろう。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Anthony Davis
  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レブロン・ジェームズが、同僚アンソニー・デイビスの守備力を称賛「彼は何でもできる」