マジックがアーロン・ゴードンの放出を検討か

オーランド・マジックがアーロン・ゴードンのトレードを検討していると、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じている。 同記者は自身のポッドキャストで「アーロン・ゴードンはマジックがトレードを検討している選手だ。ただジョナサン・アイザック、そしてアル・ファルーク・アミヌがシーズン絶望となり、状況は難しくなっている。ゴードンを放出しつつもプレイオフ進出を狙うなら、しっかりと見返りを求めなければいけない。もしそれが可能であれば、マジックは交渉に前向きだと思われるが、現在そのような取引があるかは分からない」と語っている。 今シーズンのゴードンは、平均13.5得点、7.1リバウンド、2.8アシストという成績を残している。飛び抜けた身体能力をはじめ、その潜在能力が高く評価される一方、成績は昨シーズンから軒並みダウンしており、キャリア6年目の24歳はここまで期待に応える活躍を披露できていない。チーム事情からスモールフォワードでプレイしていることが苦戦の要因とも考えられていたが、アイザック離脱後、本来のポジションであるパワーフォワードに戻っても復調のきっかけを掴めていない状況が続いている。 マジックは現在21勝28敗でイースタン・カンファレンス8位。同9位のブルズ、そして同10位のウィザーズが3.5ゲーム差と迫るなか、伸び悩むゴードンの放出に踏み切るのだろうか。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • マジック

選手

  • Aaron Gordon

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マジックがアーロン・ゴードンの放出を検討か