ロケッツがクリント・カペラのトレードを画策か

今シーズンのトレード期限が間近に迫るなか、ヒューストン・ロケッツはセンターのクリント・カペラの放出を検討している模様だ。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じているもので、カペラとドラフト指名権を駒にイースタン・カンファレンスのチームと三角トレードで即戦力のウイングを獲得したいと考えているという。 また、ウォジナロウスキー記者はアトランタ・ホークスが先発センターの獲得に興味を持っており、カペラに加えてオクラホマシティ・サンダーとスティーブン・アダムズについても交渉しているとのこと。一方、デトロイト・ピストンズのアンドレ・ドラモンドについてはこの数週間で興味を失った模様と続けている。 ロケッツは31勝18敗でウェスタン・カンファレンスの5位につけており、NBA制覇を目指すためにも何らかのテコ入れを行いたい状況。ジェームズ・ハーデン、ラッセル・ウェストブルックの2大エースに続いて、インパクトを与えられる選手を欲している。 25歳のカペラは、現在かかとの故障で欠場中だが、ここまで39試合に出場して1試合平均13.9得点、13.8リバウンドを記録。ただ、昨シーズン開幕前に5年総額9000万ドルの大型契約を結んでおり、条件に合う交換相手を見つけるのに苦労するかもしれない。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • Clint Capela

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ロケッツがクリント・カペラのトレードを画策か