2019-20シーズン、「序盤戦ベスト新戦力」記者アンケート

2019-20シーズンのNBAは、スケジュールの約4分の1を消化。ミルウォーキー・バックスとロサンゼルス・レイカーズがそれぞれカンファレンス首位に立っている。 今季開幕前には、アンソニー・デイビス(ニューオリンズ・ペリカンズ→ロサンゼルス・レイカーズ)、カワイ・レナード(トロント・ラプターズ→ロサンゼルス・クリッパーズ)、ポール・ジョージ(オクラホマシティ・サンダー→ロサンゼルス・クリッパーズ)、クリス・ポール(ヒューストン・ロケッツ→オクラホマシティ・サンダー)、カイリー・アービング(ボストン・セルティックス→ブルックリン・ネッツ)など大物選手に移籍が相次いだ。 序盤戦で最も“当たり”だった新戦力は誰か。「NBA.com」に寄稿する熟練記者5人の回答は、満場一致だった「ベストプレイヤー部門」とは異なり、少々分かれた。 ■スティーブ・アシュバーナー記者:アンソニー・デイビス ブレイザーズが手にしたカーメロ・アンソニーが序盤戦の“最高の買い物”だったのは誰もが知っている。だから、私はアンソニー・デイビスにこだわりたい。彼はレイカーズ行きで、ペリカンズだけでなく、NBA全体に混乱をもたらした。ただ、今の活躍を見れば強行移籍を否定することはできない。 ■ショーン・パウエル記者:アンソニー・デイビス “非凡な1人”を挙げるなら、レイカーズが好成績を収めているという理由でアンソニー・デイビスと答える。ただ、覚えておいてほしい。クリッパーズのカワイ・レナードは、ポール・ジョージという新たな相棒とともにやって来た。ダークホースのペイサーズでは、得点源のヴィクター・オラディポが欠場の間、マルコム・ブログドン(平均18.9得点)、TJ・ウォーレン(同18.0得点)、ジェレミー・ラム(同16.6得点)の3人全員が好調だ。 ■ジョン・シューマン記者:なし 明らかに誰でもない。アンソニー・デイビスかカワイ・レナードのいずれかになるだろうが、その決定を下すには時期尚早すぎる。レナードは同じオールスターのポール・ジョージとともに加入したが、プレイの効率自体は落ちていて、クリッパーズが好調とはいえまだ序盤だ。デイビスもレブロン・ジェームズが守備的なスタイルに移行することで助けられている。 ■セコー・スミス記者:カワイ・レナード&ポール・ジョージ ケビン・ガーネットとレイ・アレンがポール・ピアースと融合した2007-08シーズンのセルティックス、レブロン・ジェームズとクリス・ボッシュがドウェイン・ウェイドに加わった2010-11シーズンのヒート、ケビン・デュラントがステフィン・カリーとクレイ・トンプソンに加わった2016-17シーズンのウォリアーズはタイトルを獲得した。クリッパーズがこのデュオで優勝を果たした時、獲得に擁した金額に見合う価値があると評価できる。 ■マイケル・C・ライト記者:カワイ・レナード 簡単だ。レナードはこれまでプレイしてきたチーム(スパーズ、ラプターズ)で優勝を成し遂げ、異なる3チームでタイトルを獲得する可能性がある。これまで、ほぼ毎シーズンのように成績を伸ばしてきた。相手のマークが厳しくなるのは当然だが、プレイメーカーとして成長し、平均5.3アシストはキャリアハイだ。背中で語り、周囲の選手に刺激を与えている。

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ
  • レイカーズ

選手

  • Anthony Davis
  • Kawhi Leonard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 2019-20シーズン、「序盤戦ベスト新戦力」記者アンケート