パウ・ガソルがブレイザーズのアシスタントコーチに正式就任

ポートランド・トレイルブレイザーズのテリー・ストッツHC(ヘッドコーチ)が、2週間前に解雇されたパウ・ガソルがアシスタントコーチとしてチームに再合流することを、記者団に明らかにした。 ガソルは今年7月にブレイザーズと1年契約を結んだが、オフに手術した左足が思ったように回復しなかったため、今シーズンは1試合もプレイできなかった。ガソルは今シーズン限りで引退する可能性を否定しているものの、開幕から苦戦していたブレイザーズのロスター枠を、怪我のためプレイできない自分が埋めていることはチームにとって良くないと判断し、自ら解雇を望んでいた。 ストッツHCによると、ガソルがブレイザーズのアシスタントコーチに就任することは、現地11月20日に彼が解雇された時に決まっていたそうだ。 ガソルは、現在滞在中の母国スペインからアメリカに戻り次第、チームに合流する。 2001年のNBAドラフト1巡目3位でメンフィス・グリズリーズに指名されたガソルは、これまでの18シーズンのNBAキャリアで、2度のNBA優勝(ロサンゼルス・レイカーズ時代)、オールスター出場6回といった数々の偉業を成し遂げている。 また、スペインのバルセロナ出身のガソルは、スペイン代表として3度のユーロ・バスケット優勝と、1度のFIBAワールドカップ優勝(2006年)を経験している。

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ

選手

  • Pau Gasol

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. パウ・ガソルがブレイザーズのアシスタントコーチに正式就任