ウィザーズのトーマス・ブライアント、右足故障で最低3週間の離脱

ワシントン・ウィザーズは、先発センターのトーマス・ブライアントについて右足の骨に疲労性の負傷が発見され、少なくとも3週間の離脱となると発表した。 ブライアントは、西海岸で4試合をこなす遠征最終日となる現地1日のロサンゼルス・クリッパーズ戦で足に痛みが出ていた。ウィザーズは同じビッグマンのモリッツ・バグナーも足首を痛めている。これにより本日のオーランド・マジック戦では八村塁が先発センターを務めた。 22歳のブライアントは、今シーズンここまで18試合出場で、その全てに先発し平均13.9得点、8.5リバウンドを記録している。

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • Thomas Bryant

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウィザーズのトーマス・ブライアント、右足故障で最低3週間の離脱