八村塁、レブロン&デイビスのレイカーズに完敗も意地の16得点

ワシントン・ウィザーズは現地11月29日、敵地でリーグ首位のロサンゼルス・レイカーズと対戦した。試合序盤、開幕から17試合連続スタメン出場となったルーキーの八村塁が8得点を挙げる活躍でリードを奪うも、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの強力コンビを擁するレイカーズに地力の差を見せつけられ、第1Q(クォーター)で形勢逆転。その後は一度も追いつくことなく、103-125で完敗を喫した。 この日の八村は序盤からエンジン全開だった。1stシュートをショットクロックぎりぎりで沈めてチームの初得点を挙げると、速攻からのレイアップで4連続得点。マッチアップしたアンソニー・デイビスにシュートを外させ、9-0のランを演出する。残り8分49秒の場面では、ブラッドリー・ビールからゴール下でパスを受け、レブロン・ジェームズと接触しながらも得点。直後のプレイでデイビスにブロックされる洗礼に遭うも、すぐさま速攻からのリバースレイアップで15-4と大きくリードを奪った。 しかし、レイカーズも徐々にギアを上げ、デイビスが八村の上から3ポイントを決めるなど、残り4分58秒で1点差に詰め寄る。さらにレブロンからデイビスへのアリウープダンク、レブロンとラジョン・ロンドの3ポイント、デイビスのフェイダウェイジャンパーと猛攻は続き、怒涛の17連続得点。第1Q(クォーター)で37-23と大きくリードを奪った。 第2Qは完全にレイカーズのペースに。レブロンがアリウープダンクで勢いをつけ、2本連続の3ポイントシュートで56-40と一気に突き放す。残り5分には八村がデイビスとマッチアップしたが、高速スピンターンに振り切られて失点。同1分41秒にはドライブからのレイアップを狙うもデイビスのブロックに阻まれた。 70-49とレイカーズの大量リードで突入した後半、レブロンを中心に得点を重ねられて30点差台を推移するなか、八村がミドルジャンパーを含む意地の6連続得点。その後、ダービス・ベルターンスの3ポイントシュートが決まって20点差台に縮めたが、第4Qには八村やビール、レブロン、デイビスら両チームの主力選手は出場せず、125-103でレイカーズが勝利した。対するウィザーズは、ウェスタン・カンファレンスのチームとのアウェー4連戦で1勝2敗と再び負け越しとなった。 八村は26分間プレイしてブラッドリー・ビールの18得点に次ぐチーム2位の16得点、8リバウンド、1アシスト。レイカーズではデイビスが26得点、13リバウンド、レブロンは23得点、11アシストだった。 ウィザーズは現地12月1日に敵地でロサンゼルス・クリッパーズと対戦する。

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ
  • レイカーズ

選手

  • 八村 塁

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 八村塁、レブロン&デイビスのレイカーズに完敗も意地の16得点