八村塁がプレシーズン・ゲームの3試合目でダブルダブルを記録

ワシントン・ウィザーズの八村塁が、現地10月13日に行われたミルウォーキー・バックスとのプレシーズン・ゲームに出場し、26分間のプレイで10得点、12リバウンド、1アシスト、3スティール、4ターンオーバー、フィールドゴール成功率30.8%(13本中4本成功)、3ポイントシュート成功率33.3%(3本中1本成功)、フリースロー成功率12.5%(8本中1本成功)を記録した。 この試合で、八村はシュートに苦しんだだけでなく、ファールトラブルやターンオーバーにも悩まされるなど多くの課題を残す結果となったが、このような内容の試合でも10得点、12リバウンドのダブルダブルを記録できたことは高く評価されるはずだ。 115-108でウィザーズに勝利したバックスでは、クリス・ミドルトンが22得点、スターリング・ブラウンが18得点を記録したほか、今夏のFIBAワールドカップでもトルコ代表として八村擁する日本代表と対戦したアーサン・イリヤソバが18得点、3リバウンド、3アシストと活躍している。 八村とのマッチアップが期待された昨シーズンのMVPのヤニス・アデトクンボは、病気のためこの試合を欠場している。

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • 八村塁
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 八村塁がプレシーズン・ゲームの3試合目でダブルダブルを記録