キャバリアーズが、療養中のオーナーをお見舞い

クリーブランド・キャバリアーズが、今年5月に脳卒中で倒れて現在は自宅で療養中のダン・ギルバート氏をお見舞いした。 現地10月11日のデトロイト・ピストンズ戦の翌日に1日空きが出来たので、チームは57歳のギルバート氏の自宅にお見舞いに行くことを決めた。 ギルバート氏は、しばらくの間はイリノイ州の病院に入院したが、今はミシガン州フランクリンにある自宅に戻っている。彼は、脳卒中の兆候があったため親族によって病院に運び込まれ、現地5月26日に入院先の病院で脳卒中と診断された。 就任1年目のジョン・ビーラインHC(ヘッドコーチ)、コーチ陣、そしてキャバリアーズの選手全員がギルバート氏の自宅を訪れ、フィルム・セッションをしたり、ギルバート氏の自宅にあるバスケットボール・コートを見て回った後に、ランチを楽しんだ。そのランチで、ギルバート氏と、彼の妻のジェニファー氏は、沢山の選手たちとの会話を楽しんだようだ。 ギルバート氏は、2005年からキャバリアーズのオーナーをしている。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キャバリアーズが、療養中のオーナーをお見舞い