スタン・バンガンディ氏、ターナースポーツのアナリスト就任

NBAで豊富なヘッドコーチ経験を持つスタン・バンガンティ氏が、ターナースポーツと複数年契約に合意した。これにより、彼はTNTで火曜夜の放送される番組のゲームアナリストと、シーズンを通してNBA TVのスタジオアナリストを務めることになる。TNTでは実況のイアン・イーグルとブライアン・アンダーソン、アナリストのジム・ジャクソンと一緒だ。 ターナースポーツのコンテンツ部門責任者であるCCO(チーフ・コンテンツ・オフィサー)のクレイグ・バリーは、バンガンティの加入についてこう語る。 「スタンと一緒に火曜夜のNBA放送をさらに進化できることを楽しみにしている。彼は、この変化の鍵となる優れたコメンテイター陣に加わる。イアン、ブライアン、ジムと一緒になる彼のゲームに対する情熱と知見は、TNTの火曜夜の声として素晴らしい補強となる」 バンガンティは、これまでマイアミ・ヒート(2003年から06年)、オーランド・マジック(07年から12年)、デトロイト・ピストンズ(14年から18年)と計12シーズンに渡って指揮官を務めている。マジック時代の09年にはNBAファイナルに進出し、通算成績は523勝384敗だ。昨シーズンは、ESPNのアナリストだった。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. スタン・バンガンディ氏、ターナースポーツのアナリスト就任